土佐弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土佐弁(とさべん)は、高知市を始め、高知県(旧土佐国)の中部・東部で話される日本語の方言である。四国方言に分類される。高知県西部の方言は中部・東部との違いが大きく、幡多弁と呼ばれる。

概説・区画[編集]

高知県の方言は、大きく西部方言と東部・中部方言に分けられる[1][2]

両者は、アクセントが東部・中部が京阪式アクセントまたは垂井式アクセントであるのに対し、西部は東京式アクセントであるなどの違いがある。

四国方言は北四国方言(徳島県香川県愛媛県)と南四国方言(高知県)の二区分、あるいはさらに四国西南部方言(高知県西部・愛媛県南部)を分けて三区分される[4][3]。高知県は徳島・香川・愛媛との間に四国山地が横たわり交通の障害となったこともあり、四国方言のなかでも独自の位置にある[4]

東部の室戸市から東洋町にかけての沿岸部は、徳島県の阿波弁近畿方言の影響を受けている[1][5]

音声・音韻・アクセント[編集]

母音は丁寧に発音されてほとんど無声化しない。u音は、やや奥舌で唇の緊張を伴う円唇母音である。連母音のeiをはっきりと保存している[5]

例:「計算」の発音
(土佐弁)「ケイサン」
(標準語、関西弁)「ケーサン」

高齢層では、ガ行子音g、ダ行子音dの前に、入り渡り鼻音[ ̃]が挿入される[1]。例:[ka ̃gami](鏡)、[ha ̃daka][6]。高齢層では「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」の四つ仮名を区別する。「じ」は[ʒi]、「ぢ」は[dʒi]、[ ̃dʒi]、[ ̃di]、「ず」は[zu]、「づ」は[dzu]、[ ̃dzu]、[ ̃du]のように発音して区別する[6]。また「つ」も[tu]と発音される場合がある[7]

母音間でsが脱落する場合がある[8]

例:「どうした」→「どういた」 「そして」→「そいて」 「あした(明日)」→「あいた」

土佐以外の四国方言や近畿方言では、「手」を「てー」、「血」を「ちー」と発音するなど一音節語が長音化する傾向にあるが、土佐弁ではこの傾向は弱い[8]。ただし「木」「手」などアクセントの分類で第3類に属する語(き、て、のように発音するもの)は、長音化する場合がある[8]

アクセントは、山間部に垂井式アクセントが分布する[9]以外は京阪式アクセントで、近畿中央部よりもやや古い時代のアクセントを保持する。

文法・表現法[編集]

アスペクト[編集]

土佐弁では英語のような完了アスペクト(相)と進行アスペクトの区別がある。完了には連用(音便)形+「ちゅー・ちょる・ちょう」、進行には連用形+「ゆー・よる・よう」を用いる[10]

たとえば「宿題やった?」という問いに対して、副詞などに頼ることなく、以下のように答え分けることができる。

  • 現在進行的なアスペクトの例:
(土佐弁)「やりゆうよ」
(標準語)「(今)やっているよ」
(英語)"I'm doing it(now)."
  • 現在完了的なアスペクトの例:
(土佐弁)「やっちゅうよ」
(標準語)「(もう)済ませているよ」
(英語)"I've(already)done it."

「(し)よった」ならば過去進行の、「(し)ちょった」ならば過去完了のアスペクトとなる。完了アスペクトが明示できるというのは西日本方言によくある特徴である。

「死ぬ」「消える」のような瞬間的な変化を表す動詞では、「死にゆう」「消えゆう」のように進行アスペクトを用いると「…しそうになっている」という意味を表す[10]。存在動詞「ある」の進行アスペクトでは、一定期間の存続を表す[10]

命令・依頼・禁止[編集]

動詞連用形で命令を表すことができ、命令形よりも柔らかな表現となる。「行きや」「見(ー)や」のように、「や」が付くことが多い[11]。「…してください」にあたる敬語補助動詞として、「-ておーせ・とーせ・とーぜ」を使う[12]

「行かれん」(行くな)、「見られん」(見るな)など、動詞未然形+「れん・られん」で、禁止を表す[11]。また、「行きな」「見な」など、動詞連用形+「な」でも禁止を表す[11]

(土佐)「いかんちや、せられん
(東京)「ダメだよ、やっちゃダメ

推量[編集]

「はれるろー」(晴れるだろう)、「たかいろー」(高いだろう)など、活用語の終止形+「ろー」で、推量を表す[13]。「ろー」は「らむ」に由来する[13]。また、「あっつろー」(あっただろう)、「たかかっつろー」(高かっただろう)など、活用語の連用形+「つろー」で完了の推量を表す[13]

「-にかあらん」で、「-らしい」という推量を表す。「まるで…のようだ」のような比況にも用いられる[14]

(土佐)「あの店はラーメン屋に変わったにかあらん
(東京)「あの店はラーメン屋に変わったらしい

※「-に違いない」のようなニュアンスも含む。

否定[編集]

「行かん」「見ん」「寝ん」「来ん」「せん」など、動詞の未然形+「ん」で否定を表す。「行きやせん」(行きはしない)、「見やせん」(見はしない)のようにも言う[15]。強調的な否定表現として、「行かなー」「書かなー」のような言い方もある[16]。過去の否定には「行かざった」(行かなかった)、「行きゃーせざった」(行きはしなかった)のように「ざった」が使われるほか、若年層で「行かんかった」「行きゃーせんかった」のように「んかった」が使われる[15][17]。「-しないで…」という否定の接続には、「行かんと」「行かんづく」のような、「んと」「づく」「づつ(に)」の形が用いられる[15]

可能[編集]

可能表現には、「書ける」「見れる」のような可能動詞五段活用動詞以外はいわゆるら抜き言葉)や、「よー書く」「よー見る」のような「よー…する」形式を用いる。西日本方言ではこの二つを状況可能と能力可能で使い分ける地域があるが、土佐弁ではこの区別はなく、同じ意味でどちらも用いられる[18]。土佐弁では可能動詞に「れ」を挿入して、「書けれる」「書けれれる」、「見れれる」のように言う場合がある[18]。不可能を表すには、これらの否定形である「書けん」「書けれん」「書けれれん」「よー書かん」のような形を用いる。

(土佐)「むつかしゅうてようせん
(東京)「難しくてできない

動詞[編集]

二拍の一段活用動詞は、連用形の場合に、「きーた」(着た)、「きーて」(着て)、「ねーた」(寝た)、「ねーて」(寝て)のように長音化する[8]

ワ行・マ行・バ行五段活用動詞の連用形は、ウ音便形となる(マ行・バ行は高齢層のみ)。例えば、「のーだ」(飲んだ)、「とーだ」(飛んだ)など[8]。またサ行五段活用動詞の連用形にはイ音便が現れる。例えば、「かくいた」(隠した)など[8]

助詞[編集]

「の」にあたる準体助詞に、「が」が用いられる。疑問文の終助詞としても用いられる[19]

(土佐)安いがを買う[20]
(標準語)安いのを買う
(土佐)「かまんが?」「かまんが!」「そうなが?」
(標準語)「いいの?」「いいの!」「そうなの?」

「から」「ので」にあたる順接の接続助詞は、「きに」「きん」「き(ー)」「け」「けん」を使う[16][20](例文は下記に数例あるので参照のこと)。逆接の接続助詞には「けんど」を使う[20]

終助詞で土佐弁に特徴的なものとしては、「ちや」「ぜよ」「ぞね」「のーし」「ねや」などがある[20]

  • ~ちゃあ+否定語(この構文では「ちゃあ」は疑問詞の後につき、標準語の「も」に相当)
(土佐)「誰ちゃあおりゃあせん」「なんちゃあない」
(標準語)「誰もいやしない」「何でもないよ」

語彙[編集]

人称代名詞[編集]

  • おら(男の一人称 話者は高齢者、最近はあまり使わない)
(使用例)おらんくの池には潮吹く魚がおよぎよる。(よさこい節)
(東京)私の家の池には潮吹く魚が泳いでいる。
  • わし(男の一人称)
(使用例)わしんくの子は、川へあいをおさえにいったでよ。
(東京)私の家の子供は、川へを捕りに行ったよ。
  • 僕らぁー(男の一人称 複数でも単数でも使用、最近は複数形での使用が一番多い。「等(ら)」が由来)
(使用例)僕らぁーは、山へいたどり採りにいっちょった。
(東京)僕(達)は、山へいたどりを採りに行っていた。
  • あて(女の一人称 話者は高齢者、最近はあまり使わない)
(使用例)あてらぁーの時は、きーの値がしよったきに仕事があったで。
(東京)私達の時代は、木の値段が高かったので仕事があったよ。
  • うち(女の一人称)
(使用例)うちんくのたーは、年がいてよう作らんきに、いのす植えたぞね。
(東京)私の家の田んぼは、高齢になって耕作できないので、柚子を植えたのよ。
  • おまん(男女二人称単数):「ら(ー)」をつけると複数
(使用例)おまんらーご飯食べー。
(東京)お前達ご飯を食べなさい。
  • おんし(男の二人称)
(使用例)おんしゃー何しよりゃーよ?(非難の気持ちがある)
(東京)お前は何をしているんだ?
  • われ(男の二人称)
(使用例)わしんくの子らはまだ帰らんが、われんとこの子はかえってきちゅうがかよ。
(東京)私の家の子供達はまだ帰ってこないが、あんたのところの子は帰ってきているのかい。
  • おまさん(目上の人に使う二人称)
(使用例)おまさん、のうが悪いろう。
(東京)あなた、具合が悪いでしょう。

名詞、動詞、形容詞など[編集]

  • 親族語など
    • おとやん(おとうさん)
    • おかやん(おかあさん)
    • おんちゃん(おじさん)
    • おばちゃん(おばさん)
    • じんま(じじい)
    • ばんば(ばばあ)
  • おどろく(目が覚める)
(土佐弁)「おとろしい夢を見たきに夜中におどろいたがよ
(標準語)「恐ろしい夢を見たので夜中に目が覚めたのよ
  • かく((重いものを)もちあげる)
※「駕籠かき」の「かき」である。
  • ごくどう(怠惰者)
  • ばー(~くらい)[20] どればー(どれくらい)
  • ひーとい(一日)
中央では廃れた古語「一日(ひとひ)」からの転訛。

その他の言い回しなど[編集]

  • 能が悪い
(土佐)この道具は能が悪い。
(東京)この道具は「使い勝手」が悪い

土佐弁に関連した人物・作品など[編集]

小説
映画
ドラマ
漫画
アニメ
ゲーム
  • 対戦型格闘ゲーム『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』のキャラクター「まこと」が土佐弁で喋る。
  • ライブ・ア・ライブ - シナリオの1つの幕末編で「とらわれの男」が使用。
  • 幕末恋華 新選組 - 才谷梅太郎が土佐弁を話す。
  • VitaminZ - 不破千聖と母親の不破美里が土佐弁を使用。
  • 大和彼氏 - 高岡矢太郎が土佐弁を使用。
  • ものべの - 舞台が高知県。
  • 幕末Rock - 主人公の坂本龍馬が土佐弁(のようなもの)を使用。
  • 刀剣乱舞 - 陸奥守吉行が土佐弁を使用。
パチスロ
人物
  • 桑原みずき -高知市出身のアイドル。公私共に土佐弁を多用する。

その他[編集]

  • 土佐弁の使いまわしなどについては、高知新聞社刊、「土佐弁さんぽ」に詳しい。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 土居 1982, p. 291.
  2. ^ a b 吉田 1982, p. 428-429.
  3. ^ a b 吉田 1982, p. 429.
  4. ^ a b 土居 1982, p. 271.
  5. ^ a b 吉田 1982, p. 430.
  6. ^ a b 吉田 1982, p. 430-431.
  7. ^ 吉田 1982, p. 431.
  8. ^ a b c d e f 吉田 1982, p. 432.
  9. ^ 山口幸洋『日本語東京アクセントの成立』港の人、2003年、163頁-167頁。
  10. ^ a b c 吉田 1982, p. 437.
  11. ^ a b c 吉田 1982, p. 438.
  12. ^ 吉田 1982, p. 442.
  13. ^ a b c 吉田 1982, p. 438-439.
  14. ^ 吉田 1982, p. 439.
  15. ^ a b c 吉田 1982, p. 440.
  16. ^ a b 土居 1982, p. 293.
  17. ^ 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 1 方言概説』国書刊行会、1986年、128頁。
  18. ^ a b 吉田 1982, p. 441-442.
  19. ^ 吉田 1982, p. 440-441, 443.
  20. ^ a b c d e 吉田 1982, p. 443.

参考文献[編集]

  • 土居重俊、「四国方言の概説」、飯豊毅一; 日野資純; 佐藤亮一編 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』 国書刊行会、1982年 
  • 吉田則夫、「高知県の方言」、飯豊毅一; 日野資純; 佐藤亮一編 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』 国書刊行会、1982年 

関連項目[編集]

  • 幡多弁(高知県西部で話される方言)