高知ケーブルテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高知ケーブルテレビ株式会社
Kochi Cable Broadcast Co.,Inc.
種類 株式会社
略称 KCB
本社所在地 日本の旗 日本
781-9537
高知県高知市若松町10番12号
設立 1983年(昭和58年)8月8日
業種 情報・通信業
法人番号 2490001000980
事業内容 ケーブルテレビ事業、インターネット事業 他
代表者 代表取締役社長 川崎真一
資本金 4億円
純利益 2億1556万5000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 14億5109万5000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 44人
主要株主 川崎オフィス、川崎ビル、四国電力四国銀行高知銀行土佐鶴酒造、加寿扇コーポレーション、旭食品、遠藤青汁高知センター、川崎林産工業、不二電気工芸、陽和産業、四電工、六興電気、高知市南国市
外部リンク http://www.kcb.co.jp/
特記事項:指定番号 SK0028-0026
テンプレートを表示

高知ケーブルテレビ(こうちケーブルテレビ)は、高知市のほぼ全域、ならびに同市旧春野町地域、南国市、吾川郡いの町の各一部をエリアとするケーブルテレビ局である。略称KCB


歴史[編集]

  • 1983年8月8日 : 設立
  • 1984年12月 : ホテル向けケーブルテレビ局として開局
  • 1987年12月 : 一般向けにも開局。当時はNHK高知総合・NHK高知教育・高知放送・テレビ高知・サンテレビを再送信していた。
  • 1993年7月 : テレビせとうちの再送信を開始
  • 1997年4月1日 : 高知さんさんテレビの再送信を開始
  • 1999年3月 : ディレクTV経由でTVKテレビの一部番組の再送信を開始(YOKOHAMAベイサイドTV)
  • 2000年10月2日 : ディレクTVの終了に伴い、TVKテレビの再送信を中止
  • 2006年7月1日 : デジタル放送サービス開始
  • 2011年2月18日 : 瀬戸内海放送の再送信を開始
  • 2011年7月24日 : アナログ放送終了に伴い、サンテレビ・テレビせとうちの再送信を終了
  • 2013年 : 順次FTTHに切替によりBSパススルーサービス開始。
  • 2018年10月 : 全サービスエリアのFTTH化を完了。
  • 2018年12月1日 : BSパススルーおよび、STB向けサービスにおいて新4K8K衛星放送の再放送を開始。

本社所在地[編集]

  • 高知県高知市若松町10番12号

サービスエリア[編集]

主な放送チャンネル[編集]

地上波系列別再送信局[編集]

NHK-G NHK-E NNS ANN JNN TXN FNS JAITS
NHK高知 NHK高知 高知放送 瀬戸内海放送 テレビ高知 高知さんさんテレビ

全てのプランで視聴できまたパススルー方式のため、契約さえしていれば、セットトップボックスがなくても視聴できる。[2][3]

テレビ局[編集]

デジタル 放送局
D011 NHK高知総合
D021 NHK高知Eテレ
D041 高知放送
D051 瀬戸内海放送
D061 テレビ高知
D081 高知さんさんテレビ
D111 KCBチャンネルHV
J718 KCBイベントチャンネルHD
J702 KCB番組案内チャンネル
J703 KCBお天気チャンネル
J714 KCBスペシャルチャンネル
J716 KCBこうち生活情報チャンネル
BS101 NHKBS1
BS103 NHKBSプレミアム
BS141 BS日テレ
BS151 BS朝日
BS161 BS-TBS
BS171 BSテレ東
BS181 BSフジ
BS191 WOWOWプライム
BS192 WOWOWライブ
BS193 WOWOWシネマ
BS200 スター・チャンネル1
BS201 スター・チャンネル2
BS202 スター・チャンネル3
BS211 BS11 イレブン
BS222 BS12 トゥエルビ
BS231 放送大学テレビ
BS234 グリーンチャンネル
BS236 BSアニマックス
BS238 FOXスポーツ&エンターテイメント
BS241 BSスカパー!
BS242 J SPORTS 1
BS243 J SPORTS 2
BS244 J SPORTS 3
BS245 J SPORTS 4
BS251 BS釣りビジョン
BS252 シネフィルWOWOW
BS255 日本映画専門チャンネル
BS256 ディズニー・チャンネル
BS258 ディーライフ
J055 ショップチャンネル HD
J711 QVC
J572 QVC HD
J713 ジャパネットチャンネルDX
J700 チャンネル700
J576 釣りビジョン HD
J724 囲碁・将棋チャンネル
J585 グリーンチャンネル
J586 グリーンチャンネル2
J812 SPEEDチャンネル
J771 Mnet
J602 Mnet HD
J580 MONDO TV HD
J545 テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ
J582 フジテレビONE スポーツ・バラエティ
J581 フジテレビTWO ドラマ・アニメ
J698 フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
J538 TBSチャンネル1最新ドラマ・音楽・映画
J520 ムービープラス HD
J524 シネフィルWOWOW
J522 映画・チャンネルNECO-HD
J721 日本映画専門チャンネル HD
J535 女性チャンネル♪LaLa TV HD
J530 ファミリー劇場 HD
J534 時代劇専門チャンネル HD
J533 FOX HD
J606 FOXCRIME HD
J531 スーパー!ドラマTV HD
J537 AXNミステリー HD
J763 衛星劇場
J526 衛星劇場 HD
J525 東映チャンネル HD
J601 KBS World HD
J769 V☆パラダイス
J562 スペースシャワーTV HD
J564 歌謡ポップスチャンネル HD
J561 MUSIC ON!TV(エムオン!) HD
J542 キッズステーション HD
J541 アニマックス HD
J544 AT-X HD!
J556 ディスカバリーチャンネル HD
J559 ナショナルジオグラフィックチャンネル HD
J513 J SPORTS 1 HD
J514 J SPORTS 2 HD
J510 J SPORTS 3 HD
J515 J SPORTS 4 HD
J512 GAORA HD
J511 スカイ・A sports+ HD
J517 ゴルフネットワーク HD
J518 日テレジータス
J790 日経CNBC
J791 BBCワールドニュース
J793 日テレNEWS24
J795 テレ朝チャンネル2 ニュース・スポーツ
J554 TBSニュースバード
J401 ケーブル4K
J950 プレイボーイチャンネル
J954 チェリーボム
  • デジタル放送はJC-HITSを使用
  • デジタル放送のうち、テレビせとうち(J717ch)のみはアナログ放送をデジタル放送に変換して再送信していた。
  • サンテレビ・テレビせとうちの再送信はアナログ放送が終了した2011年7月24日をもって終了。
  • デジアナ変換サービスは2015年3月31日で終了。

ラジオ局[編集]

アナログ デジタル 放送局
79.7 J709(副音声) 放送大学CSラジオ
80.2 FM802
83.9 Hi-Six
84.5 NHK高知FM
85.1 FM OH!

区域外再放送の歴史[編集]

  • 2011年2月まで高知ケーブルテレビ(以下KCB)では、TXN系列のテレビせとうちは視聴できても、ANN系列局(愛媛朝日テレビ瀬戸内海放送朝日放送)は視聴できなかった。同時に、日本国内で県庁所在地および人口10万人以上を市の主要地域を対象地域とするケーブルテレビ局で唯一ANN系列を再送信していないケーブルテレビ局でもあった。ケーブルテレビでの再送信も含み、TXN系列が視聴できれば他4系列も視聴できる事が全国で一般的になっている事からも、極めて特殊な地域であった。
  • 当初、テレビせとうちと独立局のサンテレビの電波は長岡郡大豊町の梶ヶ森(かじがもり、標高1,400m)山頂付近でUHFパラボラアンテナによって受信され、それらをSHF帯に変換したものが高知市の局舎へと伝送されていた。そのため、受信地点〜KCB局舎間を結ぶ直線上で強い降雨があると再送信が途切れていた。加えてサンテレビは神戸送信所を受信しても四国山地には微弱電波しか届かず、安定した映像・音声が再送信されているケースはごくまれであった。
  • その後、県外放送の光ケーブル伝送が認可されるようになってからは、テレビせとうちは香川県の中讃ケーブルビジョンから、サンテレビは兵庫県のケーブルネット神戸芦屋神戸・三木局(J:COM神戸・三木)から光ケーブル(神戸・丸亀〜高松〜高知間、高松〜高知間はSTNetの回線を使用。)で伝送されていた。
  • 高知県西部の一部のケーブルテレビ局では、アナログ時代からANN系列の愛媛朝日テレビの再送信を行っていたのに対し、高知ケーブルテレビによるANN系列の再送信は地元民放3局の同意が得られないために長年行っていなかった。しかし、2011年2月18日に状況は一変する。地元民放3局が事実上折れる形で瀬戸内海放送の再送信を開始し、高知県東部におけるANN系列の再送信が実現することになった。
    その代わりKCBは、以前から実施してきたテレビせとうちとサンテレビの再送信を、2011年7月24日のアナログ放送終了をもって取り止めた。なお、この一連の経過において2011年2月から同年7月までの約5ヶ月間に限り、在京民放の主要5系列+県域独立局を視聴できていたことになる。
    瀬戸内海放送の再送信については、テレビせとうちの再送信に使用していた中讃ケーブルビジョンからの光ケーブル回線を流用していると推測される。
  • こうして2011年2月以降、県庁所在地の主部をエリアに含めている老舗ケーブルテレビ局で4大系列(クロスネット局の場合メインネット系列のみ所属とみなす)のいずれかを再送信していない局は沖縄県の沖縄ケーブルネットワークのみとなった。
  • ちなみに、高知さんさんテレビの開局(1997年4月)以前、FNN系列(愛媛放送(現テレビ愛媛)・岡山放送関西テレビ)の再送信は当時の地元民放2局の同意が得られなかったために行っていなかった。こうした背景により、KCBはさんさんテレビに資本参加している。もっとも、高知3局目民放の候補にはテレビ朝日系列もあったという。

支払い[編集]

料金の支払いにクレジットカードの利用はできない。当社が料金収納事務を受託しているPikaraも同様。 ※ピカラはSTNetによるクレジットカード支払いは可能

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]