房州弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

房州弁(ぼうしゅうべん)は、千葉県南部で主に話されている日本語の方言である。西関東方言に属する。安房地域(房州)を中心に、安房と隣接する上総南部(勝浦市大多喜町御宿町いすみ市富津市君津市 など)で日常的に話されているが、袖ケ浦市市原市などの一部でも似た方言が使用されている。
語尾に「~べ」や「~ぺ」と付くのが特徴。

ただし、現在では廃れている言葉も多くある。

アクセント・文法[編集]

中輪東京式アクセント。文法は東日本方言の要素を持つが、形容詞連用形の語幹形がある[1]

主な語彙[編集]

※ここで挙げる方言は、地域によって異なる場合がある。

あ行[編集]

  • あて - 私・俺など自称。「あてら」=私たち
  • あかんぺろん - 擦り剥いて、皮が剥がれた様子。
  • あに - 何。
  • あじ - 如何。但し、単体では使わない。下記、「あじ」の派生。
    • あじした? - どうした? (例) そん顔あじした?→その顔どーした? 
    • あじする? - どうする? (例)にしゃ、あじする?→あなたは、どーする?
    • あじょうだ? - どう? (例)こんおつけ、あじょうだ?→このお味噌汁、どう?
  • あてこともねー - どうしようもない。救いようがない。 (例)また寝ションベン漏らしたんか?あてこともねぇ。→またオネショしたの?どうしようもないね。
  • あんが、 - いやいや、 (例)はー飯よそっけ?あんが、まだいらねぇ。→もうご飯よそる?いや、まだいいや。
  • あんご - 蛙の事 (例)あそーの、田さあんごん子がいたぁお。
  • あんでんねー(またはあんとんねー) - 何でもない。なんてことない。
  • いいあんばい - 良い天気。 通りがかりの挨拶に用いられる。
  • いそっぴ - イワガニイソガニ、ヒライソガニなど、海岸でみられる小型のカニの総称。
  • いっぺえ - たくさん。いっぱい。一杯。 (例1)いっぺえあらあで→たくさんありますね。(例2)いっぺえやんべんね→一杯飲みましょうよ。
  • うっちゃる(またはふっちゃる) - 捨てる。(人間を)放っておく。 (例)こん魚腐ってっかいうっちゃんべ。
  • うならかす - 相手を圧倒させる。急いでやる。(例)うならかして行かないと間にあわない
  • うら - 後ろ。
  • うんてえ - 重い。
  • おせる - 捕まえる。教える。(人間が)交尾する。
  • おいさ -そうだよ。 (例)~なの? おいさ
  • おいねぇ - 駄目。無理。 (例)そらおいねぇよ。(例)おいないですねぇ。
  • おいもんかい - 駄目、コラ! (例)それおいもんかい!
  • おぅよ - いいよ。 (例)おぅよ。明日いくべよ。
  • おごいぼぅ - おこりん坊。
  • おっぺす(またはおっぴす) - 押す。 (例)そっちまでおっぺしてってくろ。
  • おみおつけ - 味噌汁。
  • おめぇらが - お宅。あなたらが。 (例)おめえらがじゃ、はあ田植え終わったんか?
  • おれ - 私。 ~が、がつくと略されて「おが」という場合もある。 イントネーションは「お」にある。
  • おんだら - 私達。  (例)おんだらはけぇんべ。
  • おっける -ころぶ。(例)田ん黒でねえごんでおっけっちまったぁよ。

か行[編集]

  • かぁかぁ - 馬鹿。阿呆。 (例)成績悪いかんかぁかぁって言われんだべ。
  • かぁねぇ - 食べない。(例)はーかぁねぇか?→もう食べないの?
  • かっくらす - 殴る。
  • かってぼ - あほか! (例)つまらな駄洒落にツッコミを入れる時、「かってぼさぁ!」
  • ~がん~ - ~の~。(例)にしらんがん畑→あなた達の畑
  • ~かし - ~かしら。
  • かます - はさむ。動かないように言葉や動作・くさびをたてること。
  • かわばち - 川魚 ナマズギギ科、標準和名ギバチ
  • かんます - かき回す。
  • きばる - 痛くなる。 (例)腹がきばっちってどうしようもねぇ。
  • きもいる - むかつく。腹がたつ
  • くっかぐ(またはふっかぐ) - 噛む。
  • くむ - 崩れる。壊れる。 (例)あっちの土手が、つっくんでたぁよ。
  • ~け - ~か。 (例)そうけ。→そうか。
  • けぇ - 食え。 (例)まっとけぇよ。→もっと食えよ。※まっと→もっと
  • けえる - 帰る。 (例)おせぇかいけえんべよ。 はぁけぇっかい。(帰るから。)
  • ケバ - 陰毛。
  • げっぽ - 嘔吐物。
  • こええ - 疲れる。 
  • こちょぐってぇ - くすぐったい。
  • こっぺ - 屁理屈。(例)こっぺ、きゅうな!→屁理屈を言うな! ※きゅうな→利くな
  • こばっこ - 端・隅っこ。
  • ぐしゃる -情交する。「遇し合う」又は「具を合わせる」から来ていると思われる。

さ行[編集]

  • さーしぶりだね - 久しぶり。
  • ~じっか - 君津・木更津周辺のみ。静岡弁の「~じゃんかぁ」に相当。~じゃないか。
  • じょうぼ - 門前・家の前の通路
  • じょんごろ - おたまじゃくし。
  • すてれっぱつ(またははれっぱつ) - 「大きい」の最上級的な意味。てっぱつよりも大きい。凄く大きい。
  • ずんねぇ - 大きい。 
  • せど - 裏。 (例)せど山。
  • そうだいねぇ - そうだよね。
  • そば - 近く。近所。

た行[編集]

  • ~だで - 静岡弁の「~じゃんかぁ」に相当。~じゃないか。
  • だけんが(またはだっけんがけんがでんが) - だけれども。
  • たんご - 牛糞、肥やし。一部地域で「ふませ」とも言う。
  • だんみゃく - 散らかっている様をいう。 (例)うちん中がだんみゃくっしょ。
  • ちいちゃっけぇ - 小さい。
  • ちょんぴこ - アゴハゼ属の総称。
  • ちょんぽ - ぺにす。ちょんぽこ=子どものぺにす。
  • ちっこ - 乳房。おっぱい。
  • ~っしょ - ~でしょ。 (例)おめぇ昨日君津駅に来なかったっしょ
  • てっぱつ(またはでっぱつ) - 「大きい」の比較級的な意味。結構大きい。
  • ~でん。 - ~じゃん。~でしょ。 (例)こらぁ、ひでーでん。→これはヒドイじゃん!
  • ~でんいぇー。 - ~じゃんかよー。※~でん。より荒っぽい。 (例)そらぁ、ひでーでんいぇー。→それはひどいじゃんかよー!

な行[編集]

  • ないびーびー - 泣き虫。意気地なし。
  • にぎぃめし - おにぎり。
  • にし - 二人称を意味する。あなた。君。
  • にしら(またはにっしゃら) - にしの複数形。あなた達。
  • ねんぽ - 穴 (例)鼻ねんぽ。

は行[編集]

  • はー - もう。 (例)はーいいけ?→もういいのか?
  • はがち - ムカデ
  • はしけぇ - チクチクすること、様子(例)はしけーよ。
  • はなっと - 岬の先端部。かど。
  • びたびた、びたんびたん - びしょびしょ(雨などにぬれた時に使う)。
  • ひとみず - 人見知り。
  • ひして - 一日。ひしてふつかかかる。=二日かかる。
  • ひゃっけぇ、ひゃっこい - 冷たい。
  • ぷっくす、ぼっこす - 壊す。破壊する。
  • ぷっくらす - かっくらす(殴る)よりも強い意味合いを持つ。
  • ほいで - それで。
  • ほてる - 熱くなる。顔などが熱くなる。怒る。
  • ほんこん - 本気で。マジで。[転じて→]強く。力いっぱい。 

(例1)ほんこんやれよ!→本気でやれよ! (例2)そんなほんこんやいとふっくいげっちゃいどー。→そんなに強くやるとひっくり返っちゃうぞー。

ま行[編集]

  • まっこ - かやの葉、真菰(まこも)の葉 盆供に用いる。
  • まっと - もっと。 (例)まっとけぇよ。→もっと食えよ。※けぇ→食え
  • もぢける - 壊れて外れる。

や行[編集]

  • やあんでく - 歩く。 (例)今日天気がいいからよぉ、木更津までやんでくべや。
  • やあしんぼぅ - 食いしん坊。
  • やってらぁ - 始まっている。 (例)宴会ははぁやってらぁ
  • やまべ - 川魚、コイ科オイカワのこと。
  • やんべぇ - ~をやろう。~をしよう。 (例)はや、釣りやんべぇおー(訳:はやく釣りをやろうよ)
  • よいなもんじゃねぇ(またはよいじゃねぇ) - 容易なものではない。
  • やぶ -歩いてゆく。行く。
  • やべさ -行こうよ。
  • やあばっしぇ-おいで。

わ行[編集]

  • わら - お前たち。あなた方。「わんら」ともいう。
  • わん - お前。あなた。「われ」は「わん」の丁寧語。
  • わんだら - おまえたち。あなたたち。

方言を使う著名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 房辞苑 - 房州弁を網羅した辞書サイト。