八戸弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八戸弁(はちのへべん)は、青森県八戸市とその周辺で話される日本語の方言東北方言南部弁に含まれる。

代表的な助詞・助動詞[編集]

代表的な助詞、助動詞を下に掲げる。

~すけ、~すけぇ

この語は南部弁圏で使用される。「~から」(理由)という意味である。この語のルーツは関西地方で用いられる「~さかい」という語が変化したものであるとされている。

例1) 「わぁ、これから映画さ行ぐすけな」 (「俺、今から映画見に行くからね」)

例2) 「9時だすけぇ、出んべ」 (「9時になりましたから、出発しましょう」)

~だじゃ~じゃ

これは、津軽、下北、南部で共通に使用されるもので、「~だ」という意味である。肯定文や命令するときにも用いられる。より強い口調で表現する場合は「~だじゃ」なども使用される。

例1)肯定 「暇だじゃ。ちぱっと散歩さ行って来るじゃ。」 (「暇だなぁ。少し散歩に行って来るよ」)

例2)命令の場合 「すずかにしろじゃ」 (「静かにしろよ」)

例3)肯定(強い口調) 「わがねーじゃ!」 (「知らないよ!」)

例4)命令の場合(強い口調) 「いい加減にしろじゃ!」 (「いい加減にしろよ」)

~たっきゃ、~だっきゃ

これも、津軽、下北、南部で共通に使用されるもので「~でしょ」という意味である。

例1) 「さっき言ったっきゃな」 (「さっき言ったでしょ」)

~たっけ、~たっきぇ、~たっきゃ

「~したら」という意味である。 中高年層、若年層、で微妙に発音が異なる。

例1) 「朝起きたっけ、喉痛ぇじゃ」(若年層)

「朝起ぎだっきゃぁ、喉痛ぇじゃよ」(中高年層)

(「朝起きたら、喉が痛い」)

~ごった

「~らしい」という意味である。

例1) 「よなが、雨降るごった」 (「今日午後から、雨が降るらしい」)

~たって

「~けれども」「~といっても」という意味である。

例1) 「買い物さ行ぐったって、まま食ってからだっきゃな」 (「買い物に行くけれども、飯食ってからだよ」)

~べ

東北地方・北関東を中心に広い範囲で使用される助動詞である。勧誘と疑問に用いられる。

例1)勧誘文 「早く行ぐべ」 (「早く行こう」)

例2)疑問文 「あいつどごさ行ったべな」 (「あいつはドコに行ったかな」)

~さ

東北地方を中心に広い範囲で使用される。「~に、~へ」と同様である。

例1) 「猫さままけでやれ」 (「猫にエサをあげてやれ)

例2) 「コンビニさ」 (「コンビニへ行ってくるね」)

~ば

津軽、下北、南部で共通に使用されるもので、「~を」と同様である。

例1) 「荷物ばこっちゃさへばって来い」 (「荷物をこちらへ持って来て」)

~さる、~さんない

「書かさる」・「寝らさる」・「押ささる」・「録音ささる」等のように用いる。共通語に直訳した場合「~できる」となるが、厳密には、生物以外の物に対する使役動詞の可能形と、一般の可能形の中間の性質を持つ助動詞である。否定の場合は「~さらない」若しくは「~さんない」となる。仮に、「このペンは書かさらない」という文を共通語に訳した場合「このペンは書けない」となる。しかしそれでは、ペンが書けない理由はペンを使う側にあるのか、それともペンそのものにあるのかが判らない。そこでこの方言を用い「このペンは書かさらない」と表記した場合には、ペンそのものに原因があり(例えばインク詰り等)、書くことが不可能だという意味になる。このようにこの助動詞によって、共通語では表現できないことを判りやすく表現することができる。 この語は津軽・南部・下北、および北海道などでも広く使われている。

例1) 「FAXおぐらさんねーじゃ」 (「(FAX本体側に問題があり)FAXを送れないよ」)

関連項目[編集]