駿河方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

駿河方言(するがほうげん)は、静岡県の旧駿河国地域で話されている日本語の方言である。狭義の静岡弁である。方言区画ではナヤシ方言静岡県方言に属す。

駿河方言のなかでも東部は関東・伊豆的、西部は遠州的であり、東西で隣接地域と連続的に遷移する要素が多く、駿河のみで見いだされる要素はない。特に富士川を境にして差異が大きく、富士川以東の方言は伊豆方言に近い。いっぽうで、静岡市周辺などでは過去形の「…け」など、日本全国を見渡しても非常に珍しい古い語法が残っているものもある。

井川村周辺地域は言語島であり非常に特殊である。井川方言を参照。

音声[編集]

アクセントは東京と同じ中輪東京式アクセントであるが、三拍名詞では、富士川以東の東部方言では「朝日・油・命・心・姿・涙・火ばし・枕」など、第5類に属する語が「あひ」のように中高型となる[1]

富士川以東では母音の無声化が起こり、西関東方言的な特徴も併せ持つ。

また連母音の融合が広く聞かれる。

主な文法[編集]

  • 断定の助動詞は東日本方言の特徴である「だ」である。
  • 打ち消しは「ない、ねえ、ねぁ」を用いる。西日本要素である「ん」との境界は大井川を通っており、この点で遠州方言とは明確に区別される。
  • 活用はワ行五段動詞は促音便、形容詞連用形は非音便でともに東日本方言の特徴であるが、サ行五段動詞はイ音便である。例)うついた(写した)
  • 命令形は富士川を境に東側は「…ロ」であり、西側は「…ョー」である。
  • 推量は「ずら、ら」を用いるが、富士川以東では関東要素の「だんベー」も用いる。最近では三河遠州方面から広まったと考えられる「だらー」も頻用される。
  • 意思、勧誘は富士川以西では「…ざあ」「…ず」を用い、富士川以東では主に「…べー」が用いられる。
  • 静岡市周辺(静岡市から大井川に至る地域)では過去形は「…け、…き」を用いる。例)赤っけ(赤かった)、にゃーっき(無かった)。この用法は大井川を超えて掛川市付近までみられる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』p.157。

参考文献[編集]

  • 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編(1983)『講座方言学 6 中部地方の方言』国書刊行会