ズーズー弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本語の四つ仮名の分布図

ズーズー弁(ズーズーべん)は、一般には東北方言の俗称であるが日本語方言学では音韻上「し」対「す」、「ち」対「つ」およびその濁音「じ」対「ず」(「ぢ」対「づ」)の区別がない方言を指して使われ、一つ仮名弁(ひとつかなべん)とも言う[1][2]日本語の方言のうち、多くの方言で起こった二つ仮名への統合がさらに進んだものと考えられており、四つ仮名の統合の最終的な形である。しかし、もともとこれらの方言やその起源に、何らかのベース、基層語が存在したという説もある。

概要[編集]

ズーズー弁が分布するのは、青森県から福島県北部・新潟県阿賀野川までの東北地方(三陸沿岸地域を除く)および北海道沿岸部と、富山県中東部、山陰地方中部(鳥取県西伯耆島根県出雲)である。北奥羽方言雲伯方言では「し・ち・じ」に近い発音、南奥羽方言は「す・つ・ず」に近い発音になるとされる。例えば「寿司・煤」は、ともに北奥羽方言と雲伯方言で「シシ [sïsï]」、南奥羽方言で「スス [sɯ̈sɯ̈]」と発音される傾向がある。そのため、前者は「ジージー弁」と呼ばれることもある。北奥羽方言や雲伯方言では、音素体系から /su//zu//di//du/ が欠けていると見なすことができ、南奥羽方言では音素体系から /si//zi//di//du/ が欠けていると見なすことができる。

また、これと重なるようにこれらの地域ではイ段とウ段が中舌母音になり、母音単独拍のイとエが統合する(詳しくは日本語の方言#裏日本的音韻を参照)。このような音韻体系は「裏日本式音韻」と呼ばれ、「表日本式音韻」と対置される。東北方言・東関東方言雲伯方言は裏日本式音韻体系を持ち、北陸方言は裏日本式と表日本式の中間とされる。

裏日本式音韻体系の分布は連続していない。これについては、各地で発音時の緊張の緩みにより独立に発生したという見方と[3]、基層語の発音傾向が受け継がれたという見方[4]があるが、明確な結論は出ていない(後述)。

ズーズー弁の方言[編集]

起源と成り立ち[編集]

内部発生説[編集]

  • エネルギーの要する[i]、[u]を中舌母音にして発音における負担を軽減したとする説[5]。日本の方言学界ではこの説が支持される傾向にある。

基層言語説[編集]

「ズーズー弁」の発音特徴は何らかの基層言語に由来するという説[6]。考古学、歴史学などの専門家や国外の言語学者、学際的な研究者は本説を採用することが多い。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 飛田・佐藤編、32頁。
  2. ^ 飯豊・日野・佐藤編(1986年)、79頁。
  3. ^ 加藤(1986)。
  4. ^ 小泉(1998)
  5. ^ 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編(1986)『講座方言学 1 方言概説』国書刊行会、78-81頁。
  6. ^ 国外における類似例としてフランス語が挙げられる。基層言語ガリア語ケルト語の一種)から発音上の大きな影響を受けており、連音現象(リエゾンアンシェヌマン子音弱化)、アクセントの無い音節の欠落、uがウでなくユと発音されるのはガリア語の影響である。フランス語史を参照。
  7. ^ 小泉保(1998)『縄文語の発見』青土社
  8. ^ 小泉(2003)
  9. ^ 上村幸雄(1975)『方言と標準語』筑摩書房
  10. ^ 崎谷満(2009)『新日本人の起源』勉誠出版 pp113-115
  11. ^ 司馬遼太郎(1994)『歴史の中の日本』 中央公論社

参考文献[編集]

  • 佐藤亮一「現代日本語の発音分布」飛田良文佐藤武義編『現代日本語講座 第3巻 発音』明治書院、2002年。
  • 平山輝男「全日本の発音とアクセント」NHK放送文化研究所編『NHK日本語発音アクセント辞典』日本放送出版協会、1998年4月。
  • 加藤正信「音韻概説」飯豊毅一日野資純佐藤亮一編『講座方言学1 方言概説』国書刊行会、1986年。
  • 小泉保 (2003) 「裏日本縄文語とアイヌ語」 Science of humanity Bensei (42), P87-P93[1]
  • 小泉保『縄文語の発見』青土社、1998年
  1. ^ 画像