崎谷満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

崎谷 満(さきたに みつる、1954年 - )は日本分子生物学者ウイルス学者。CCC研究所所長。医学博士京都大学)。

人物・来歴[編集]

著書[編集]

  • 『DNAが解き明かす日本人の系譜』(勉誠出版 2005年)
  • 『DNAでたどる日本人10万年の旅 多様なヒト・言語・文化はどこから来たのか?』(昭和堂 2008年)
  • 『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・北海道史 アイヌ民族・アイヌ語の成立史』(勉誠出版 2008年)
  • 『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史 日本人集団・日本語の成立史』(勉誠出版 2009年) 
  • 『新日本人の起源 神話からDNA科学へ』(勉誠出版 2009年)
  • 『ヒト癌ウイルスと日本人のDNA HTLV-1研究と分子腫瘍学・分子人類学が解明する「日本人」』(勉誠出版 2011年)
  • 『癒しのシンフォニー ある在宅ホスピスの記録 』(勉誠出版 2011年)
編著
  • 『在宅緩和ケアと分子標的治療ハンドブック』編(勉誠出版 2011年)


脚注・参照[編集]