茨木のり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三浦のり子
ペンネーム 茨木のり子
誕生 宮崎のり子
(1926-06-12) 1926年6月12日
日本の旗 日本 大阪府大阪市 大阪回生病院
死没 (2006-02-17) 2006年2月17日(満79歳没)
東京都西東京市 東伏見の自宅
墓地 山形県鶴岡市 浄禅寺
言語 日本語
最終学歴 帝国女子医学薬学専門学校
ジャンル
配偶者 三浦安信
テンプレートを表示

茨木 のり子(いばらぎ のりこ、本姓・三浦(みうら)、1926年大正15年)6月12日 - 2006年平成18年)2月17日)は、『櫂 (同人誌)』を創刊し、戦後詩を牽引した日本を代表する女性詩人にして童話作家エッセイスト脚本家である。

戦中・戦後の社会を感情的側面から清新的に描いた叙情詩を多数創作した。主な詩集に『鎮魂歌』、『自分の感受性くらい』、『見えない配達夫』などがある。

「わたしが一番きれいだったとき」は多数の国語教科書に掲載され、彼女の最も有名な詩のうちの1つである。

経歴[編集]

大阪府大阪市生まれ、愛知県西尾市育ち。愛知県立西尾高等女学校を卒業後上京し、帝国女子医学・薬学・理学専門学校薬学部に進学する。上京後は、戦時下の動乱に巻き込まれ、空襲・飢餓などに苦しむが何とか生き抜き19歳の時に終戦を迎え、1946年9月に同校を繰り上げ卒業する。帝国劇場で上映されていたシェークスピアの喜劇「真夏の夜の夢」に感化され劇作の道を志す。「読売新聞第1回戯曲募集」で佳作に選ばれたり、自作童話2編がNHKラジオで放送されるなど童話作家・脚本家として評価される。1950年に医師である三浦安信と結婚。埼玉県所沢町(現、所沢市)に移り住む。

家事のかたわら「詩学 (雑誌)」の詩学研究会という投稿欄に投稿を始める。最初は二篇を投稿し、そのうちの一篇である「いさましい歌」が選者村野四郎に選ばれ、1950年9月号に掲載される。1953年に川崎洋からの誘いで、「櫂 (同人誌)」の創刊にたずさわる。創刊号は川崎洋・茨木のり子の二人だけの同人誌だったが、二号からは谷川俊太郎、三号から舟岡遊治郎吉野弘、四号から水尾比呂志が参加し、その後の第二次戦後派の詩人を多数輩出するようになった。

1976年より韓国語を習い始め、韓国現代詩の紹介に尽力する。1991年に『韓国現代詩選』で読売文学賞(研究・翻訳部門)を受賞。

1999年に刊行された詩集『倚りかからず』が10月16日の朝日新聞天声人語」で取り上げられたことで話題になり、詩集としては異例の15万部の売り上げを記録した。

2006年2月17日、病気のため東京都西東京市東伏見の自宅で死去。享年79。夫・安信と1975年に死別してから独り暮らしで、19日に訪ねて来た親戚が寝室で死亡しているのを発見した。すでに遺書は用意されてあった。鶴岡市加茂の浄禅寺にある夫の眠る墓地に埋葬された。

著書[編集]

詩集・詩論集・エッセイ集[編集]

  • 『見えない配達夫』(飯塚書店、1958年)
  • 『鎮魂歌』(思潮社、1965年)
  • 『うたの心に生きた人々』(さ・え・ら書房、1967年)のちちくま文庫
  • 『おとらぎつね』(さ・え・ら書房、1969年)
  • 『茨木のり子詩集』(思潮社・現代詩文庫、1969年)
  • 『人名詩集』(山梨シルクセンター出版部、1971年)
  • 『言の葉さやげ』(花神社、1975年)
  • 『自分の感受性くらい』(花神社、1977年)
  • 『詩のこころを読む』(岩波ジュニア新書、1979年)
  • 『寸志』(花神社、1982年)
  • 『食卓に珈琲の匂い流れ』(花神社、1992年)
  • 『一本の茎の上に』(筑摩書房、1994年)
  • 『おんなのことば』(童話屋、1994年)
  • 『汲む 詩画集』(北泉社、1996年)
  • 『個人のたたかい』(童話屋、1999年)
  • 『倚りかからず』(筑摩書房、1999年)のち文庫
  • 『貘さんがゆく』(童話屋、1999年)
  • 『対話-茨木のり子詩集』(童話屋、2001年)
  • 『茨木のり子集言の葉 1〜3』(筑摩書房、2002年)
  • 『落ちこぼれ』(理論社、2004年)
  • 『歳月』(花神社、2007年)
  • 『智恵子と生きた 高村光太郎の生涯』(童話屋、2007年)
  • 『君死にたもうことなかれ 与謝野晶子の真実の母性』(童話屋、2007年)
  • 『谷川俊太郎選 茨木のり子詩集』(岩波文庫、2014年)

訳書[編集]

  • 『うかれがらす』金善慶(筑摩書房、1986年)
  • 『韓国現代詩選』(花神社、1990年)

一般書[編集]

  • 『ハングルへの旅』(朝日新聞社、1986年)のち文庫
  • 『言葉が通じてこそ、友だちになれる』(筑摩書房、2004年)
  • 『思索の淵にて』長谷川宏共著(近代出版、2006年)

参考文献[編集]

  • 後藤正治『清冽―詩人茨木のり子の肖像』(中央公論新社
  • 『茨木のり子詩集 谷川俊太郎選』(岩波書店)

関連人物[編集]