ウィルタ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィルタ語
уилта кэсэни
話される国 ロシアの旗 ロシア日本の旗 日本?
地域 サハリン州の旗 サハリン州Flag of Hokkaido Prefecture.svg 北海道?
民族 ウィルタ民族
話者数 47人 (2010年、ロシア)[1]
言語系統
ツングース諸語
  • 南ツングース語群
    • ナナイ語群
      • ウィルタ語
表記体系 キリル文字 (ラテン文字 )、(カタカナ )
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 なし
ISO 639-3 oaa
Glottolog orok1265[2]
消滅危険度評価
Critically endangered (UNESCO)
Status-unesco-critically.svg
テンプレートを表示

ウィルタ語 (ウィルタご、ウィルタ語キリル文字表記: уилта кэсэниロシア語: Орокский язык) は、ツングース諸語南ツングース語群ナナイ語群(この語群にはナナイ語ウリチ語も含まれる)に属するウィルタ言語である。かつてはオロッコ語とも呼ばれていたが、これは蔑称であるため、注意を払う必要がある。主にロシアサハリン州に分布し、対岸のアムール川下流に分布するウリチ語と類似する。現在、ウィルタの人口は数百人まで減少し[3]、言語は消滅の危機にある(消滅危機言語)。2010年全ロシア国勢調査によると、ロシアにおけるウィルタの人口は295人で、ウィルタ語の話者数はわずか47人(母語であるかは問わず)、即ちウィルタ語の話者数は民族総人口の20%未満である。かつては日本北海道網走市などにもウィルタ語の話者はいたが、現在の話者数は不明な点が多い。ユネスコ危機的な状況にある言語の地図 (Atlas of the World's Languages in Danger)第3版によると、ウィルタ語の保存状態は危機に瀕する言語のうち、消滅の危険度が最も高い「極めて深刻」と評価されている。サハリン州におけるエヴェンキ語 (東部エヴェンキ方言)、ロシア語日本語ニブフ語アイヌ語との言語接触がある。

特徴[編集]

譲渡可能性[編集]

日本語と同様の膠着語であるが「の」にあたる助詞が2種類あり、譲渡可能な場合と不可能な場合に分かれる。
例えば mini sura-ɲu-bi「私ノミ」という場合は譲渡可能で、mini čiktə-bi「私シラミ」といった場合は譲渡不可能といった具合である。

文字[編集]

ロシアにおけるウィルタ語の書籍はキリル文字で表記される。研究並びに記録においては便宜上ラテン文字も使われる。
2003年に出版された『ウイルタ語-ロシア語/ロシア語-ウイルタ語辞書』では、キリル文字の正書法が使われた。(写真、原書から抜粋)

А а Б б В в Ӷ ӷ Г г(ү) Д д
Ӡ̆ ӡ̆ Е е Ј ј И и Қ қ К к Ҳ ҳ
Х х(һ) Л л М м Н н Н̕ н̕ Ң ң
О о П п Р р С с С̕ с̕ Т т
У у Ч ч Э э Ю ю Я я

2007年に再び正書法が制定され、現在に至る。

А а А̄ а̄ Б б В в Г г Д д Е е Е̄ е̄
Ӡ ӡ И и Ӣ ӣ Ј ј К к Л л М м Н н
Ԩ ԩ Ӈ ӈ О о О̄ о̄ Ө ө Ө̄ ө̄ П п Р р
С с Т т У у Ӯ ӯ Х х Ч ч Э э Э̄ э̄

ロシア語と同じくキリル文字を使用している。ウィルタ語の発音を再現するために、ロシア語には使われていない文字も追加されている。例えば、「Ԩ」(左側にフックが付いたНUnicode: U+0528)、「Ӈ」(右側にフックが付いたН, Unicode: U+04C7)、並びに長音記号が付いた母音「ӣ」、「ӯ」などが挙げられる。
上述の母音を除くマクロン付きの母音は、「А̄/а̄」、「Е̄/е̄」、「О̄/о̄」、「Ө̄/ө̄」計4文字が含まれており、日本語の長音と類似する。2021年1月現在、これらの文字はUnicodeには単独文字として掲載されていない。1度バックスペースキーを打つと対応したマクロン無しの母音(「А/а」、「Е/е」、「О/о」、「Ө/ө」)になり、フォントによってはマクロンが右上に表記される場合もある。
2003年版の書記法における「Ю」と「Я」は2007年の書記法における「ју」と「ја」にそれぞれ対応している。
例:
хую(н-)[4] (xuju(n-)) → хују (xuju) =「9
яя[5] (jaja, ウリチ語にも対応した同一スペルの単語あり) → ја̄ја (jāja) =「

音韻[編集]

母音[編集]

ウィルタ語には15種の母音があり、7種の短母音 (ɐəiɛəuʌ) と8種の長母音(ɐː、əː、eː、iː、ɛː、ɔː、uː、ʌː)に分けられる。

开闭 前後
前舌 中舌 後舌
i, iː u, uː
半狭 eː
中央 ə, əː
半広 ɛ, ɛː, ʌ, ʌː, ɔ, ɔː
狭めの広 ɐ, ɐː

子音[編集]

ウィルタ語には18種の子音がある。

発音
両唇音 舌頂音 硬口蓋音 軟口蓋音 口蓋垂音
破裂音 pb td cɟ kg (q)、(ɢ)
摩擦音 β s、(z) ʝ xɣ
鼻音 m n ɲ ŋ
接近音 l (ʎ)
ふるえ音 r

文法[編集]

文法は日本語と同じく、SOV型 (主語-目的語-動詞)である。

  • 人称代名詞としては挙げられるのは、一人称 бӣ (bī)、 二人称 сӣ (sī)、三人称複数 но̄ни (nōni)、一人称複数 бӯ (bū)、2人称複数 сӯ (sū)、3人称複数 но̄чи (nōči)などである。一人称複数は、エヴェンキ語ではбу (bu)/мит (mit)、満洲語ではᠪᡝ (be) /ᠮᡠᠰᡝ (muse)のように、聞き手を含まない形と聞き手を含む形に分かれているが、ウィルタ語ではこれらをまとめてбӯ (bū)と言う。
  • 人称代名詞の属格には、一人称 мини (mini)、 二人称 сини (sini)、三人称複数 тари нари (tari nari)、一人称複数 муну (munu)、2人称複数 суну (sunu)、3人称複数 тари нарисал (tari narisal)などである。一人称複数は、満洲語ではᠮᡝᠨᡳ (meni) /ᠮᡠᠰᡝᡳ (musei)のように、聞き手を含まない形と聞き手を含む形に分かれているが、ウィルタ語ではまとめてмуну (munu)と言う。
  • 属格の後に名詞が付く時は、人称語尾を付けることに注意が必要である。例えば、Мини ӈиндаби (Mini ŋinda-bi、私のイヌ)、Сини ӈинда-си (sini ŋindasi、あなたのイヌ)、Уилта кэсэни (Uilta kəsə-ni、ウィルタの言葉=ウィルタ語)などである。
  • ウィルタ語の形容詞は不変化詞であり、名詞を修飾する際には変化しない。形容詞名詞を修飾する例としてда̄ји гэву (dāji gəvu、「да̄ји=大きい(形容詞)」+「гэву=自由(名詞)」=大きな自由)、нучӣкэ омо̄ (nučīkə omō、「нучӣкэ=小さい(形容詞)」+「омо̄=湖(名詞)」=小さな) などが挙げられる。
  • 指示詞には近称と遠称が存在する。例えば: эри (əri、これ) / тари (tari、それ)、тари нари (tari nari、その人)などがある。

方言[編集]

南北二方言が存在する。今日のウィルタ語は使用範囲が非常に狭く、北部方言はノグリキ地区ヴァル村で話され、南部方言はポロナイスクに分布する。方言差は小さいが、発音が異なる単語が若干ある。
例: [6]
дө̄ (dȫ、北部方言);дӯ (dū、南部方言) =「2
ӡапку (ӡapku、北部方言);ӡакпу (ӡakpu、南部方言) =「8
паикта (paikta、北部方言);орокто (orokto、北部方言) =「

母音調和[編集]

ウィルタ語には母音調和が見られる。母音が異なる語幹にそれぞれ対応する語尾(-сал、-сэлなど)が付けられる。
例:
нари (nari, 人) → нарисал (nari-sal, 人達)
гуру(н-) (guru, 民族;人) → гурусэл (guru-səl, 人々;人達)

接尾辞[編集]

それぞれの人称に対応した接尾辞が存在する。

ウィルタ語の所属人称接尾辞
人称 接尾辞 備考
第一人称 -би (-bi) нで終わる単語については、нをмに変更してから、-биを後に付ける。
第一人称 (複数) -пу (-pu)
第二人称 -си (-si)
第二人称 (複数) -су (-su)
第三人称 -ни (-ni)
第三人称 (複数) -чи (-či)

語彙[編集]

自身がツングース諸語に属するので、同語族の言語と対応する語彙が見られる。例えば「ӈинда (ŋinda、犬)」[7]、「амма (amma、父、カタカナでは「アンマー」[8]とも表記される。)」[9]
外来語については、日本語ロシア語満洲語アイヌ語[要出典]など周辺の言語から借用したとみられる単語が存在する。

歴史[編集]

  • 不明 - 発生
  • 幕末ごろ - 南部のオロッコの言語について日本の最初の記録
  • 1917年 - 最初の文法書『オロッコ文典』(中目覚)刊行。当時の話者数は300~400人。
  • 1928年 - 樺太に在住するオロッコ人は約400名。
  • 1981年 - 戦前の現地資料と日本国内に在住するオロッコ語(ウィルタ語)の話者などから聞き取り調査が行われ、日本国内でウイルタ語辞典が刊行される。
  • 1989年 - ウィルタの総人口190人、うちオロク語(ウィルタ語)を母語とする者85人。
  • 1993年 - サハリン州北方民族局長より北海道大学名誉教授池上二良へ書記法の制定への協力を依頼。
  • 1994年 - ウィルタ語書記法制定プロジェクトをロシア連邦アカデミーにより承認。池上の協力でサハリン州は教材の開発に乗り出す。
  • 2003年 - 『ウイルタ語-ロシア語/ロシア語-ウイルタ語辞書』 (ロシア語: Орокско-русский и русско-орокский словарь) 刊行。
  • 2007年 - キリル文字の正書法が成立。(『ウイルタ語-ロシア語/ロシア語-ウイルタ語辞書』にもウィルタ語をキリル文字で表記する試みがあったが、2007年の正書法とは僅かに異なる。)
  • 2010年 - ロシア国勢調査 - ウィルタの総人口295人、うちウィルタ語話者47人。

関連書籍[編集]

  • 『オロッコ文典』中目覚/編 北海道大学図書刊行会 (1917.8) ISBN 不明
  • 『オロッコ(ウィルタ)の言語』(ロシア語: язык ороков (ульта)) T.I.ペトロヴァ(Т.И.Петрова.)/編 ソビエト連邦科学出版社 (1967) ISBN 不明 
  • 『ツングース-満洲語比較辞典』(ロシア語: Сравнительный словарь тунгусо-маньчжурских языков) ツィンツィウス(Цинциус)/編 ソビエト連邦科学出版社 (1975) ISBN 不明 
  • 『ウイルタ語辞典』(ウィルタ語: Uilta Kəsəni Bičixəni) 池上二良/編 北海道大学図書刊行会 (1997) ISBN 4-8329-5821-6、または ISBN 978-4-83295-821-0
  • 『ウイルタ語-ロシア語/ロシア語-ウイルタ語辞書』(ウィルタ語: уилта-луча кэсэни、ロシア語: Орокско-русский и русско-орокский словарь) L.V. オゾリナ (Озолина Л.В.)、I.Y.フェダエバ (Федяева И.Я.)等/編 (2003) ユジノサハリンスク サハリン図書出版社 ISBN 5-88453-002-1
  • 『ウィルタの言葉』(ウィルタ語: Уилтадаирису、ロシア語: говорим по-уильтински) 池上二良、エレーナ・ビビコワ等/編 (2008) ISBN 978-5-88453-211-3

脚注[編集]

  1. ^ Перепись-2010
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “ウィルタ語”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/orok1265 
  3. ^ 「鹿の脳みそも食べた」人気漫画『ゴールデンカムイ』の作者のこだわりとは(2018年6月9日 週刊朝日)
  4. ^ 『ウイルタ語-ロシア語/ロシア語-ウイルタ語辞書』p.186 L.V. オゾリナ、I.Y.フェダエバ (2003) ユジノサハリンスク サハリン図書出版社 ISBN 5-88453-002-1
  5. ^ 『ウイルタ語-ロシア語/ロシア語-ウイルタ語辞書』p.186 L.V. オゾリナ、I.Y.フェダエバ (2003) ユジノサハリンスク サハリン図書出版社 ISBN 5-88453-002-1
  6. ^ Дзиро Икэгами, Е.А.Бибикова, Л.Р.Китазима, С.Минато, Т.П.Роон, И.Я.Федяева, -- Уилтадаирису, Говорим по-уильтински, P.90 -- Южно-Сахалинск Сахалинское книжное издательство 2008
  7. ^ エヴェン語のӈин (ŋin)、満洲語ᡳᠨᡩᠠᡥᡡᠨ (indahūn)、オロチ語のинаки (inaki)など
  8. ^ 『ゴールデンカムイ』161話より
  9. ^ エヴェンキ語のама (ama)、満洲語ᠠᠮᠠ (ama)、オロチ語のама (ama)など

関連項目[編集]

外部リンク[編集]