ナナイ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナナイ語
Нанай, Нанайэ
話される国 ロシア中国
地域 ハバロフスク地方沿海地方黒竜江省
民族 ナナイ族
話者数 1,400
言語系統
ツングース諸語
  • 南ツングース語派
    • ナナイ語群
      • ナナイ語
表記体系 キリル文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 gld
消滅危険度評価
Critically endangered (UNESCO)
Status-unesco-critically.svg
テンプレートを表示

ナナイ語はロシアのハバロフスク地方沿海地方、中国の黒竜江省に居住するナナイ族の言語で、ツングース諸語南ツングース語派ナナイ語群に属する。

分布[編集]

ナナイ語の方言は、複数の隣接地域に分布している。

中・下流のアムール方言[編集]

ハバロフスク地方の下アムール川地域(アムールスキー群、ソルネチニ群、コムソモールスキー群

クール・ウルミ方言[編集]

ハバロフスクとクール川、ウルミ川

ビキン方言[編集]

沿海地方のフォザルスキー群(ウスリー川の中流付近)

スンガリ方言[編集]

中国のウスリー川の境界地域

ロシアでは、ハバロフスク地方のナナイスキー群にナナイ語が最もよく保存されていると考えられる。これはナナイ語の教科書や書籍の出版に力を入れたナナイ語話者集団とナナイ郡の民族自治によるものである。ストリャロフの資料によると、全世界のナナイの人口は11,883人であり、このうち8,940人はハバロフスク地方の郊外在住である。しかし、100-150人の母語話者のみがその地域に残っている。2002年にロシアの人口調査では、ナナイ語を使用すると主張する人が12,194人記録された。このうち90%は、ハバロフスク地方に、3.5%は沿海地方に、1.3%はサハリン州に居住し0.5%以下は、他の地域に居住していた。また、この内ロシア語を使用していない話者は49人のみであった。

表記法[編集]

最初に出版されたナナイ語の本はキリル文字表記で、1880年代にロシア正教宣教師によって出版された。バレンティン・アプロリンをはじめロシア語の言語学者によって1920年代から1930年代にかけてナナイ語の近代的な表記法が完成した。以下のキリル文字はナナイ語のアルファベットである。


А а Б б В в Г г Д д Е е Ё ё Ж ж
З з И и Й й К к Л л М м Н н О о
П п Р р С с Т т У у Ф ф Х х Ц ц
Ч ч Ш ш Щ щ Ъ ъ Ы ы Ь ь Э э Ю ю
Я я

音韻[編集]

母音と母音調和[編集]

ナナイ語には[i, u, y, o, œ, a, ə]の7つの母音があり、[ai, ao, əi, əo, ia, iə, io, iu, ua, ui, uo, oi, ya, yə]の12個の二重母音がある。また、三重母音は[iao, uai]の2つ。また、次の音韻規則がある。

  • [i]は[dz, ts, s] の前で []になる。
  • [i]は[ɖʐ, ʈʂ, s] の前で [ɪ]になる。
  • [i]は[m, n, l, d] の前で [i̟]になる。
  • [i]で音節が開始され、[dz、s、tɕ、ɕ、l、m、ŋ]でもその音を維持する時は声門破裂音[ʔ]が入る。

以下の表はナナイ語の母音調和規則をまとめたものである。

ナナイ語の母音調和
分類 小分類 音素 備考
陽母音 Group 1 [a]
Group 2 [o, œ] [i, u, y] の前には表示されない。また、[o][œ]の前には表示されない。
陰母音 Group 3 [ə] [a, o] の前で中性化される。
中性母音 Group 4 [i]
Group 5 [u, y] [y]は2回連続して出てこない。

子音[編集]

ナナイ語には28個の子音がある。

  脣音 歯音 /
歯茎音
そり舌音 ([歯茎口蓋音]])
硬口蓋音
軟口蓋音 口蓋垂音
破裂音 [p] [b] [t] [d]         [k] [ɡ] [q] [ɢ]
破擦音     [ts] [dz] [ʈʂ] [ɖʐ] [tɕ] [dʑ]        
摩擦音 [f]   [s]   [ʂ] [ʐ] [ɕ]   [x]   [χ]  
鼻音   [m]   [n]           [ŋ]    
接近音       [l]       [j]   [w]    
R音       [r]                

子音音素は以下のように変えることができる。

  • / sɕχ/は、2つの母音の間で、それぞれ[zʑʁ]となる。
  • /ɡ/は、次の音節の[d]前で音節の最後の位置から[ɣ]となる。

外来語[編集]

ナナイ語について研究したアンジュンは日暦から由来した[ʐili](暦)のように中国のから入ってきた外来語について言及した。他の言語からもいくつか単語が借用された。たとえば、ロシア語помидорから入ってきた[pomidor](トマト)のような言葉があるが、この言葉が伝播された正確な経路は証明されておらず、ロシア語から直接入らずに他の隣接の言語を経て伝播された可能性もある。

また、モンゴル語テュルク諸語言語と共有する単語もある。

これらは、借用語と推定されている単語で、アルタイ仮説を支持するこれらの単語を言語学的血縁関係の証拠として考慮される。逆に、ウデゲ語は、ウデゲ語固有の語彙ではなくナナイ語からいくつか借用語を受け入れた。

  • [banixe](ありがとう):ウデゲ語[usasa]の代わりにナナイ語の[banixa]より借用
  • [dœlbo](日):ウデゲ語[etete]の代わりにナナイ語の[dœbo]より借用
  • [daŋsa](本):もともとこの単語に当たる言葉はなく、ナナイ語の[daŋsa]より借用。これは、「リスト」を意味する中国語單子(ピンインdānzi)からの借用語である。

ウデゲ語話者は230人しかおらず、ビキン地域では、両言語の間にかなりのレベルの相互同化が観察された。