絵心経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

絵心経(えしんぎょう)は、字の読めなかった庶民のために般若心経の文言を絵で表現したもの。

元禄年間の田山(現在の岩手県八幡平市)で善八という男によって描かれたものが最初であるという。文化初年、盛岡で改良されたものが日本各地に広まった。盲心経(めくらしんきょう)ともいわれたが、現代では人権上好ましくない表現として使うことが憚られている。

歴史[編集]

正徳年間(1711年-1716年)に、南部藩の田山村(現八幡平市田山)の庄屋の書き役を務めていた善八(明治維新後はその家は八幡姓を名乗る)が、村人の疲弊を救い、産業の振興を図ろうと一念発起して独創されたのが盲暦である。病気で倒れ発狂したりする村人の為に作られたのがめくら般若心経(絵心経)であり、めくら帳であり、めくら証文であった。当初は田山村内だけに配布されていたが、評判は他町村に伝わり、鹿角や浄法寺町に配布されるようになった。後に、三戸や八戸、盛岡の市日でも販売されるようになった。この暦は天明4年(1786年橘南渓東遊記によってはじめて全国に紹介され、一躍有名になった。初めて記録したのは菅江真澄で、「けふの狭布」に天明3年(1785年)に記録している[1]

「摩訶般若波羅蜜多心経」は「釜(を逆さに描いてまか)」「般若の面」「腹」「箕(農具)」「田んぼ」「神鏡」、「空」は「(物を)喰う」などとユーモラスに描かれている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『上津野 No.7』、1982年、鹿角市文化財保護協会、p.3-p.10

参考文献[編集]

  • 『読めそうで読めない不思議な漢字』(日本語を考える会編 角川学芸出版 2006)
  • 『南部絵経の絵解きと生まれた謎に迫る』(盛岡市文化振興事業団盛岡てがみ館編 盛岡市文化振興事業団 2007)

外部リンク[編集]