漢点字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

漢点字(かんてんじ)とは、川上泰一(たいいち)が考案した、8点式(横2×縦4)で漢字を表現する点字

歴史[編集]

大阪府立盲学校教諭だった川上泰一が1969年に考案した。

構成[編集]

一般に使われている6点式点字の、1の点の上に0の点(始点)を、4の点の上に7の点(終点)を加えた8点式点字で表す。

漢字1文字は1マスから3マスで表現する。

例え[編集]

⢇⣮ ⠕⢺ ⡇⠤⣨
⡑⣌ ⡃⠮ ⠠⣂ ⣥⢈ ⠠⢂ ⣣⠊
⠳⢾ ⢇⣄⡼ ⠠⣂ ⡇⢚
⠃⡊ ⡳⡮ ⣃⡺ ⠠⣂ ⠥⣮ ⡵⣞ ⠠⡢

関連項目[編集]

外部リンク[編集]