合略仮名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:合略仮名の画像提供をお願いします。2009年12月
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213:2004、CJK統合漢字拡張C)が含まれています詳細

合略仮名(ごうりゃくがな)は、複数の仮名文字を1つの文字で表現した仮名である。

概要[編集]

江戸時代以前は多く使用されていたが、明治33年に仮名は1音につき1文字とするという明治政府政令により使用されなくなった。仮名合字つづきかなとも呼ばれる。

ウイーン王立印刷局1876年に出版した文字活字の総合見本帳『Alfabete des gesammten Erdkreises』には平仮名の合略仮名79文字、片仮名の合略仮名14文字が収録されている。

コンピュータにおいては外字の利用などでしか扱えなかったが、2000年JIS X 0213が制定され、そこで「」および「」が定義され、その2文字については使用可能となった。Unicodeでは2002年のバージョン3.2より対応。その後、2009年にUnicode 5.2で「𪜈」も定義され使用可能となったが、CJK統合漢字拡張Cとして登録されてしまった。

片仮名[編集]

片仮名の合略仮名のほとんどは、2文字の仮名を左と右にのように組み合わせた文字で構成される。ただし「コト」のような例外もある。

文字 読み 画像 解説 使用例
コト Unknownchar01.gif 「事」の省字[1][2] 将門記訓、後深草院御記點圖[1][2]
シテ Ligature shite.gif 「為」の省字[1][2] 将門記訓[1][2]
トキ Ligature toki.gif 古語拾遺古本訓点[1][2]
トキ [ト/ヽ] 拾芥抄訓点[1][2]
𪜈 トモ ToMo.png 朗詠要抄[1][2]
ドモ |モ゛ 三国通覧図説
トイフ |云 大正時代には既に使われなくなっていた[3] 興福寺延年舞[1][2]
トテ |テ 同上[3]
ヨリ ヨリ[1][2]
モノ 「物」の省字[1][2] 類聚名義抄字訓[1][2]

平仮名[編集]

平仮名の合略仮名は、草体の上下の組み合わせで構成される。「まゐらせさうらふ」(まいらせそうろう)を1文字で表すような特殊な物もある。

文字 読み 画像 解説
より Ligature yori.gif
  こと Ligature hiragana koto.gif
かしこ
まゐらせさうらふ Ligature mairasesoro.gif
なり Ligature nari.gif 「也」の草書体[1][2]

類似の文字[編集]

  • 「シテ」の合略仮名とされる文字「Ligature shite.gif[4]は、「為」の省字であり[1]合略仮名とは異なる[要出典]
  • 「なり(Ligature nari.gif)」は合略仮名ではなく「也」の草体(草体漢字)である[5]が、合略仮名に分類する文献もある[3]
  • 」は「ます」と呼ぶが、これは計量に使用する枡を記号化した物であり、合略仮名とは異なる。
  • 漢字の部首と仮名を組み合わせた漢字風の文字が存在するが、これらは合略仮名とは異なる。
    • 例:「機」RYAKUJI ki 01.png、「議」Ryakuji GI.png、「魔」RYAKUJI ma.png →「略字」を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 國語學大系 第七巻 文字(一) P.302-303 福井久蔵 1939年
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 仮字本末 伴信友 1850年
  3. ^ a b c 国語漢文自習要覧 : 附・仮名遣詳解 手島継蔵 1916年
  4. ^ 伊木壽一『古文書学』新装版 慶應義塾大学出版会 1981年に、「トシテ 「片仮名の合字」」とある。
    大石学『古文書解読辞典』改訂新版 東京堂出版 2000年に、「(と)シテ 合字」とある。
    これらの類書のほか、古文書・古典文学等の翻刻本の凡例はほぼ片仮名の「合字」であると説明しており、この項目「合略仮名」の定義に合致する。
  5. ^ 児玉幸多『くずし字解読辞典〔普及版〕』東京堂出版 1993年 ほか。
    田島毓堂「法華経為字和訓考—資料編(三)—」名古屋大学文学部研究論集 1990年。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]