合略仮名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:合略仮名の画像提供をお願いします。2009年12月
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213:2004、CJK統合漢字拡張CCJK統合漢字拡張F変体仮名)が含まれています詳細

合略仮名(ごうりゃくがな)は、仮名合字である。仮名合字つづきかなとも呼ばれる。

概要[編集]

二、三字の仮名を組み合わせて一字にしたものである。

平仮名の合略仮名の多くは書簡に使われており、書簡体文字の一部となっている[1][2]

歴史[編集]

ウィーン王立印刷局1876年に出版した文字活字の総合見本帳『Alfabete des gesammten Erdkreises』には平仮名の合略仮名79文字、片仮名の合略仮名14文字が収録されている。

明治33年の「仮名は1音につき1文字とする」という明治政府政令により、公では使われなくなった。

電子機器上での扱い[編集]

2000年まで、コンピュータ上では外字の利用などでしか扱えなかった。

2000年JIS X 0213が定められた。これによって「(コト)」と「(より)」が使えるようになった。

2002年Unicode 3.2に「(コト)」と「(より)」が採用された。

2009年、Unicode 5.2に「𪜈(トモ)」が採用されて、使えるようになった。しかし、CJK統合漢字拡張Cとして登録されてしまった。

Gōryaku 002.svg(シテ)」は、Unicode には文字情報基盤[3]を典拠に漢字として提案されている[4]

一覧[編集]

片仮名[編集]

以下は、合字である。

文字 読み 画像 字源
ツツ [+] 「ツ」と「ヽ」の合字
ヅツ [+] 「ヅ」と「ヽ」の合字
トイフ [丨+云]、[丿+云] 「ト」と「云」の合字[1][5][6][7]
トキ Gōryaku 004.svg、[丿+キ] 「ト」と「キ」の合字[1][5][6][8][9][7]
トテ [丨+テ] 「ト」と「テ」の合字[1]
トナリ [+] 「ト」と「Ligature nari.gif」の合字[7]
𪜈 トモ ToMo.png、[丿+モ] 「ト」と「モ」の合字[1][5][6][8][9]
𪜈゙ ドモ [ ToMo.png゛]、[丿+モ゛] 「ド」と「モ」の合字
ニシテ [+Gōryaku 002.svg] 「ニ」と「Gōryaku 002.svg」の合字
ヨリ [ヨ+リ] 「ヨ」と「リ」の合字[5][6][7]

以下は、合字ではない。

文字 読み 画像 字源
トキ [时] 「時」の略字[5][6][7]
トキ [寸] 「時」の略字[5][6][7]
𬼂 ナリ Ligature nari.gif 「也」の草体[5][6][7]
モノ [牜] 「物」の略字[5][6][7]

以下は、合字であるとする説と合字でないとする説がある。

文字 読み 画像 字源
コト Gōryaku 001.svg 「事」の略字[1][5][6]あるいは「コ」と「ト」の合字[8][9][7]
𬼀 シテ Gōryaku 002.svg 「為」の略字[5][6]あるいは「シ」と「テ」の合字[1][10][11][9][7]

平仮名[編集]

以下は、合字である。

文字 読み 画像 字源
かしこ 「𛀚」と「し」と「こ」の合字
かしこ 「𛀙」と「し」と「こ」の合字
こと Ligature hiragana koto.gif[12] 「こ」と「と」の合字[8][9]
ごと [ Ligature hiragana koto.gif゛] 「ご」と「と」の合字[8][9]
さま 「さ」と「𛃅」の合字[1][2]
つつ [𛁪+] 「𛁪」と「ゝ」の合字
には [𛂌+𛂞][12] 𛂌」と「𛂞」の合字
はば [𛂞+] 「𛂞」と「ゝ」の合字
まゐらせさふらふ[13]、まゐらせさうらふ Ligature mairasesoro.gif 「奉」の略字と「候」の略字の合字
より Gōryaku 005.svg 「よ」と「り」の合字[1][2][9]

以下は、合字ではない。

文字 読み 画像 字源
さふらふ、さうらふ [ゝ] 「候」の略字[1][2]
さふらふ、さうらふ 「候」の草体[1][2]
𬼂 なり Ligature nari.gif 「也」の草体[1][9][14][15]
ます 「升」の草書
まゐらせ 「奉」の略字[1][2]
られ 「被」の略字[1][2]

類似の文字[編集]

  • 「ます」と読む「」は、計量に使用する枡を記号化した物であり、合略仮名ではない。
  • 漢字の一部を仮名に置き換えた字があるが、これらも合略仮名ではない。
    • 例:「機」RYAKUJI ki 01.png、「議」Ryakuji GI.png、「摩」または「魔」RYAKUJI ma.png →「略字」を参照。
  • インターネットスラングで、既存の文字の偏と旁が他の文字として読める場合、当該文字1字を他の文字2文字の代わりとして用いる場合がある。
    • 例:「托い」(キモい)「モルール」(モノレール)など。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 日本大文典. 第1編 P.42-45 落合直文 1894年
  2. ^ a b c d e f g ことばの泉 : 日本大辞典 (21版) P.3 落合直文 1904年
  3. ^ "MJ文字情報検索システム (MJ056854)"”. 2016年6月21日閲覧。
  4. ^ Draft additional repertoire for ISO/IEC 10646:2016 (5th edition) CD.2 (pdf)” (2015年12月14日). 2016年6月29日閲覧。 “2CF00 Ligature shite.gif JMJ-056854”
  5. ^ a b c d e f g h i j 國語學大系 第七巻 文字(一) P.302-303 福井久蔵 1939年
  6. ^ a b c d e f g h i j 仮字本末 伴信友 1850年
  7. ^ a b c d e f g h i j 操觚便覧藤井乙男編 1899年
  8. ^ a b c d e 普通日本文典 落合直文ほか 1893年
  9. ^ a b c d e f g h 和漢の文典 : 雅俗対照
  10. ^ 伊木壽一『古文書学』新装版 慶應義塾大学出版会 1981年
  11. ^ 大石学『古文書解読辞典』改訂新版 東京堂出版 2000年
  12. ^ a b 山口県聚珍堂版 培養秘録巻二
  13. ^ 国語学文典 : 普通教育
  14. ^ 児玉幸多『くずし字解読辞典〔普及版〕』東京堂出版 1993年 ほか
  15. ^ 田島毓堂「法華経為字和訓考—資料編(三)—」名古屋大学文学部研究論集 1990年

参考文献[編集]

  • 蛇蔵海野凪子日本人の知らない日本語 なるほど〜×爆笑!の日本語"再発見"コミックエッセイ』メディアファクトリー、2009年2月18日。ISBN 978-4-8401-2673-1 - 「まいらせそうろう」について言及。
  • 日本文典初歩益田多米彦編、益田多米彦、1902年6月30日。 - 合略仮名ついての説明。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]