伴信友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
伴信友肖像、『国文学名家肖像集』より。

伴 信友(ばん のぶとも、安永2年2月25日1773年3月17日〉 - 弘化3年10月14日1846年12月2日〉)とは、江戸時代後期の国学者

来歴[編集]

若狭国小浜藩の藩士山岸惟智の四男として生まれる。幼名は惟徳、通称州五郎。号は事負。天明2年(1786年)、同藩の伴信当の養子となる。享和元年(1801年)村田春門を介して本居宣長没後の門人となり、宣長の養子本居大平国学を学ぶ。文政4年(1821年)、病により家督を息子信近に譲り、以後学問に専念し江戸に住んだ。天保14年(1843年)の末頃、藩主酒井忠義に従い京都に赴き在住するが、堀川の京都所司代邸で急病となって死去した。享年74。

博覧強記で古典の考証に優れ、平田篤胤橘守部小山田与清とともに、「天保の国学の四大人」と呼ばれる。篤胤や黒川春村本居内遠などと交流があり、篤胤からは君兄と慕われていたが、後に齟齬を来して決別した。師弟関係を好まず、弟子をとることはなかった。なお信友の生家近くで墓所のある発心寺の境内には、「伴信友翁の碑」がある。

主な著作[編集]

書名 成立 巻数 内容 伴信友全集収録巻
神名帳考証 文化10年(1813年) 全六十九巻 延喜式神名帳についての考証。 第一[1]
神名帳考証土代附考 第一[2]
神社私考 天保12年(1841年) 全六巻 第二[3]
瀬見小河 文政4年(1821年) 全四巻 賀茂神社についての考証。 第2冊[4]
験の杉 天保6年(1835年) 稲荷神社伏見稲荷大社)についての考証。 第二[5]
八幡考 第二[6]
蕃神考 外国渡来神を祭神とする式内社の考証。 第二[7]
正卜考 弘化元年(1844年) 全三巻 第二[8]
中臣祓祠要解 文政6年(1823年) 第二[9]
神璽三弁 弘化3年(1846年) 第二[10]
大刀契考 第二[11]
鎮魂伝 弘化2年(1845年) 鎮魂祭の考証。 第二[12]
長谷寺多宝塔銘文・長谷寺縁起剥偽 天保14年(1843年) 第二[13]
上野国三碑考 天保7年(1836年) 上野三碑の考証。 第二[14]
竹栄秘抄 文政11年(1828年) 第三[15]
宇知都志麻 第三[16]
高橋氏文考注 天保13年(1842年) 高橋氏文』の考証。 第三[17]
松の藤靡 天保元年(1830年) 第三[18]
残桜記 文政4年(1821年) 上下巻 後南朝の考証。 第三[19]
荒山大捷之碑 第三[20]
中外経緯伝草稿 天保9年(1838年) 全六巻 第三[21]
仮字の本末 上下巻 かなの起源を論じる。神代文字の存在を否定。 第三[22]
応声考 文化3年(1806年)初稿 第三[23]
比古婆衣 弘化4年(1847年)より刊行 全二十巻 随筆。国史・言語・故事の考証。 第四[24]
長等の山風 上下巻 壬申の乱の考証。 第四[25]
長等の山風 附録 全四巻 第四[26]
宝鏡秘考 内侍所神鏡の考証。 第五[27]
倭姫命世紀考 天保14年(1843年) 倭姫命世記』の考証。 第五[28]
仏神論 文政2年(1819年) 第五[29]
方術源論 (一名方術考説) 文政5(1822年) 第五[30]
周易私論 (原名易占弁) 天保5年(1834年) 第五[31]
論鬼神新論草稿 文化3年(1806年) 第五[32]
若狭旧事考 文政8年(1825年) 第五[33]
弓矢古義推考 第五[34]
麻々伎考 第五[35]
鞆考補証 第五[36]
神楽歌考 第五[37]
古詠考 第五[38]
表章伊勢日記附証 第五[39]
動植名彙 文政10年(1827年) 全九巻 第五[40]
動植名彙附録 第五[41]
和名抄鈔考 和名類聚抄』の考証。
斉明紀童謡推釈 日本書紀斉明天皇紀に収録されている童謡の考証。
日本書紀考
史籍年表 資史料年表(『史籍年表』[42]
鈴屋翁略年譜 文政9年(1826年) 本居宣長の年譜

参考文献[編集]

  • 秋山虔ほか編 『日本古典文学大事典』(第5巻) 岩波書店、1984年 ※「伴信友」の項
  • 市古貞次ほか編 『国書人名辞典』(第四巻) 岩波書店、1998年 ※「伴信友」の項