う゜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「う゚」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
平仮名
文字
う゚
字源 に半濁点
Unicode U+3046U+309A
片仮名
文字
ウ゚
字源 ウに半濁点
Unicode U+30A6U+309A
言語
言語 ja
ローマ字
発音
IPA n、m、ŋ
種別
鼻濁音

う゚ウ゚は、半濁点を付したもので、特殊な仮名のひとつ。

1944年文部省が制定した『發音符號』(発音符号)で、「う」の鼻音の表記として使用すると定められた。

『發音符號』では、「通則」の「第六」で次の用に定めている。

第六 語頭の鼻音音(節)を表はすには、ウの右側上に゜を添へた〔ウ゚〕の符號を用ひる。

うまれる〔ウ゚マレル〕生れる うま〔ウ゚マ〕馬
うまい〔ウ゚マイ〕甘い うめ〔ウ゚メ

また、同「備考」の「七」にて語頭の「う」は鼻音化して撥音と共通の意味を持つが、「ン」とは異なる音として一般に認識されるから「ウ゚」を使うとする説明が記載されている。

現代の日本語においては一般的な表記ではなく、語頭の鼻濁音には通常「ウ゚」ではなく「ウ」または「ン」が用いられる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 文部省編 『文部省制定 發音符號』 財團法人日本語教育振興會、1944年。doi:10.11501/1126364全国書誌番号:46024249 

外部リンク[編集]