わ行う

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平仮名
文字 Wa-wu.jpg
字源[1]
片仮名
文字
(于)
字源 于 (宇)
言語
言語 ja

わ行う(わぎょうう)は、五十音図で、わ行う段に位置する仮名文字である。古来日本語では「あ行のう」と「わ行のう」の区別は存在しなかったが、江戸時代に両者を区別すべきだという説が起き、白井寛蔭『音韻仮字用例』(1860年刊)では新たな仮名を創作している。明治初年の教科書の五十音図や語法書にも書きわけているものがある[2]

下は片山淳吉『綴字篇』(1873年)の表で、平仮名の「わ行う」に「Wa-wu.jpg」、片仮名には「于」に似た字を使っている。ほかの字が使われていることもある[3]

Tuzurizi12.jpg Syougaku11.jpg

わ行うの使用法[編集]

明治の語法書で、餓える、植えるなどの「う」を表すのに使われていることがある[3]。→ワ行下二段活用

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ https://glyphwiki.org/wiki/hiragana-wu
  2. ^ 馬渕和夫 『五十音図の話』 大修館書店1994年(原著1993年)、17-24,93。ISBN 4469220930
  3. ^ a b 村山自彊、中島幹事 『仮名遣』 開新堂、1891年、19頁。

関連項目[編集]