わ行う

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「Wa-wu.jpg」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
平仮名
文字 Wa-wu.jpg
字源 [要出典]
片仮名
文字
(于)
字源 于 (宇)
言語
言語 ja
ローマ字
発音
IPA u [1]
種別
清音

わ行う(わぎょうう)は、五十音図で、わ行う段に位置すべき仮名文字とその音価である。

  • 現代標準語の音韻: と同じである。

日本語では「[w]」の子音と「[u]」の母音は共に/u/であるため、「う」の発音と同じになり、「う」と区別されない。

文字の表記[編集]

上図の表左端3番目の文字が平仮名のわ行うである。

平仮名では、「Wa-wu.jpg」と表記される。

片仮名では、「于」に似た文字になる。片仮名のかわりに漢字の「于」で代用することも多い。

いずれも「う」と用途や意味が同一であるため、過去を含めほとんど使用されなかった文字である。

ワ行側のウであることに意味がある例としては、明治時代ラテン文字のV音を日本語表記する際に原音に忠実にしようとした結果、ワ行の濁音表記(ワ゛行)で表記することを福沢諭吉が提唱したことがあり(詳しくは「」参照)、この経緯から「ヴ」はア行ではなくワ行のウに濁音がついたものになる。

歴史的仮名遣でのわ行うの使用法[編集]

餓える、植えるとして使われる。→ワ行下二段活用

詳しい使用法は仮名遣を参照されたい。

歴史的仮名遣で「わ行う」が含まれる語[編集]

植う(うう)、飢う(うう)、蹴う(くう)、据う(すう)

参考文献[編集]

関連項目[編集]