出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
平仮名
文字
字源 の小書き
JIS X 0213 1-4-67
Unicode U+3083
片仮名
文字
字源 ヤの小書き
JIS X 0213 1-5-67
Unicode U+30E3
言語
言語 ja, ain
ローマ字
JIS X 4063 xya
アイヌ語 XYA
発音
種別

は、日本語仮名のひとつで、母音が/a/である開拗音をその前にある仮名に付加する。小書きにした文字である。

用法[編集]

現代の日本語では、一般にい段の音の後にしか来ない。

ただし、外国語を日本語で表記する場合などには、「て」、「で」、「ふ」、「ゔ」の後に来ることがある(例:ペーテャ・コレヴァ・イヴァノヴァラデャード・キプリングスヴャトスラフ・フョードロフ)。これらは「て」、「で」、「ふ」、「ゔ」の子音に「や」の音を続けた音(/tja/、/dja/、/fya/、/vya/)を表す。

東北地方の方言では、え段の音の後に「ゃ」が来ることがある。

ゃ に関わる諸事項[編集]

  • 江戸時代には、助詞の「や」の代わりに「ャ」が使用されることがあった。

関連項目[編集]