き゜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「き゚」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
平仮名
文字
き゚
字源 に半濁点
JIS X 0213 1-4-88
Unicode U+304DU+309A
片仮名
文字
キ゚
字源 キに半濁点
JIS X 0213 1-5-88
Unicode U+30ADU+309A
言語
言語 ja
ローマ字
発音
IPA ŋʲi̞
種別
鼻濁音

き゚キ゚は、日本語音節 [ŋʲi̞] を表す特殊な仮名のひとつ。

概要[編集]

一種の音符であり、音節 /gi/鼻濁音 [ŋʲi̞] として発音されることを明示したいとき、「ぎ」に代えて用いることがある。用途は国語学関連および日本語の発音教育などに限られ、一般的な日本語の文字表現に用いられることはない。五十音図中にも存在せず、通常、初等教育で教わることもない。

なお、日本語の標準語および多くの方言において [ŋ]/g/異音にすぎず、 /ŋ/ という音素を有しているわけではないことに留意されたい。(日本語の方言§濁音化と鼻音化

き゚に関わる諸事項[編集]

  • 文字コードでは、日本工業規格(JIS)のJIS X 0213には「き゚」の文字が 1 文字として単独の位置を与えられている。一方、JIS X 0213に対応したUnicode 3.2では、仮名と半濁点との組み合わせで表すこととなった。

関連項目[編集]