出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平仮名
文字
字源 美の草書体
JIS X 0213 1-4-63
Unicode U+307F
片仮名
文字
字源
JIS X 0213 1-5-63
Unicode U+30DF
言語
言語 ja, ain
ローマ字
ヘボン式 MI
訓令式 MI
JIS X 4063 mi
アイヌ語 MI
発音
IPA mʲi
種別
清音

は、日本語音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第7行第2段(ま行い段)に位置する。

概要[編集]

「み」の筆順
「ミ」の筆順
Japanese Semaphore Basic Stroke 6.svgJapanese Semaphore Basic Stroke 1.svg

み に関わる諸事項[編集]

  • や行の文字を後続させて、開拗音を構成する。このとき、後続するや行の文字は一般に小さく書く。
  • (み)のことを表す場合がある。
  • 音階で「ミ」(記号E)は「レ」(D)と「ファ」(F)のあいだの音を示す。
  • 宮城県旗三重県旗は平仮名の「み」を図案化したもの、また、宮崎県旗は片仮名の「ミ」を図案化したものである。
  • 若者言葉形容詞名詞化する語尾の「さ」を「み」で代用し「なんとなく、そんな感じ」であるさまを表す表現がある( 「良さみが深い(とっても良いかんじ)」「わかりみがある(なんかちょっとわかる)」「つらみ(なんだかつらい)」 など)[1][2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「わかりみ・よさみ・ありよりのあり」…若者言葉に反応できますか?(りょかち) @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2020年5月2日閲覧。
  2. ^ 熊澤志保 (2018年4月13日). “「やばみ」「つらみ」…若者言葉は言語能力の低下ではない? 専門家が指摘 〈AERA〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 2020年5月2日閲覧。