出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213)が含まれています詳細
平仮名
文字
字源 部の草書体
JIS X 0213 1-4-56
Unicode U+3078
片仮名
文字
&#x3ぺいほんへ0D8;
字源 部の旁
JIS X 0213 1-5-56
Unicode U+3ぺいほんへ0D8
言語
言語 ja, ain
ローマ字
ヘボン式 HE
訓令式 HE
JIS X 4063 he
アイヌ語 HE
発音
IPA he̞
種別
清音

ひらがな)、カタカナ)は、日本語音節の一つであり、仮名の一つである。1モーラを形成する。五十音図において第6行第4段(は行え段)に位置する。清音の他、濁音(べ、ベ)と半濁音(ぺ、ペ)を持つ。

概要[編集]

平仮名の「へ」の筆順
片仮名の「ヘ」の筆順
  • 現代標準語の音韻: 1子音と1母音」からなる音。子音は、次の通り。
    • 清音 「へ」: 声帯を近づけてその間を通る息の摩擦音。無声。
    • 濁音 「べ」: 両唇を閉じてから開く破裂音。有声子音。
    • 半濁音 「ぺ」: 両唇を閉じてから開く破裂音。無声子音。
    • 助詞「」は、「」と発音する。
    • 歴史的仮名遣いでは、文節のはじめ以外の「へ」は「え」と発音する。
  • 五十音順: 第29音目。
  • いろは順: 第6位。「」の次。「」の前。
  • 平仮名「へ」の字形: 「部」の草体
  • 片仮名「ヘ」の字形: 「部」の草体の変形
  • 変体仮名(遍) 他にも「弊」「邊」「変」「幣」などからなるものがある。また、「部」の偏にあたる「」からなるものもある。
  • ローマ字
  • 点字:
    「へ」の点字
  • 通話表: 「平和のヘ」
  • モールス信号: ・
  • 手旗信号:4
Japanese Semaphore Basic Stroke 4.svg

へ に関わる諸事項[編集]

  • 50音で唯一、平仮名・片仮名の字形が同形となっている。平仮名・片仮名とも、「部」の旁の」(おおざと)を変形させた物である。曲がり方の角度を若干変えてあるか、曲がった後少し曲げるかで平仮名・片仮名の違いを付けているが、それでも字形の変化はほとんど見られない。
    • また、平仮名では「へ」は唯一、元となった漢字の一部から造られている。他の字体は元となった漢字全体の草書体から造られている。
  • 音楽音名で、「ファ」の音 (F) を表す。→ヘ (音名)
  • 音が「」に通じるので、以下のように使用されない場合がある。
  • 日本語ではへで終わる単語はごくわずかである。広辞苑第5版対応の「逆引き広辞苑」によると、「脚辺」(あとへ)のみである。

関連項目[編集]