や行え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

この項目では、五十音図や行え段 (ye) について述べる。

発音[編集]

古い日本語には「e」と「ye」の発音上の区別があった。しかし上代特殊仮名遣の消失から間もなく(より早く)、10世紀後半には区別が消滅した。[要出典]

「ye」と発音されていた音節を含む語には、次のようなものがある。

  • 兄(え)
  • 枝(え)
  • 枝(えだ)
  • 楚(すはえ)
  • 机(つくえ)

文字[編集]

奈良時代~平安時代[編集]

万葉仮名の時代や平仮名・片仮名の誕生初期には、文字でも「e」と「ye」を区別していた。

万葉仮名では以下のように使い分けた。[1]

  • e
    • 愛、哀、埃、衣、依、榎、荏、得
    • 可愛(2字1音)
  • ye
    • 延、曳、睿、叡、盈、要、縁、裔、兄、柄、枝、吉、江

平仮名では以下のように使い分けた。[2]

  • e
    • (未掲載)
  • ye
    • Hiragana Ye.png

片仮名では以下のように使い分けた。[3]

  • e
    • 𛀀
  • ye
    • エ 他

発音上の区別がなくなると、これらは異体字の扱いになった。

江戸時代~明治時代[編集]

江戸時代から明治時代の間に、あ行え段 (e) とや行え段 (ye) の仮名をふたたび区別しようとする者が現れた[4]。字の形は文献によってまちまちである。「Hiragana E 01.svg」と「Katakana obsolete ye.svg」はその内の二つに過ぎない。

  • e
    • 古くからある仮名
      • [5] (平仮名)
      • Hiragana E 01.svg (「え」の変体仮名。平仮名)
      • エ (片仮名)
    • 新しく作られた仮名
      • Japanese Katakana E2.png[6] (「衣」の省画[7]。片仮名)
      • 亠-kaishu.png[8] (「衣」の省画[9]。片仮名)
      • Katakana E 3.png[10] (「衣」の省画[11]。片仮名)
      • Katakana E 4.png[12][13] (「衣」の省画[14]。片仮名)
      • Katakana E 5.png[15] (「衣」の省画[16]。片仮名)
  • ye
    • 古くからある仮名
      • え (平仮名)
      • Hiragana E 01.svg[17] (「え」の変体仮名。平仮名)
      • Hiragana E 盈.png[18] (「え」の変体仮名。平仮名)
      • Hiragana E 延 1.png[19] (「え」の変体仮名。平仮名)
      • Hiragana E 延 2.png[20] (「え」の変体仮名。平仮名)
      • [21] (片仮名)
    • 新しく作られた仮名
      • [22](点付きの「え」。平仮名)
      • Hiragana Ye 1.png[23](「衣」の草書。平仮名)
      • [24](点付きの「エ」。片仮名)
      • Katakana Ye 8.png[25] (「衣」の省画。片仮名)
      • Katakana Ye 1.png[26] (「衣」の省画。片仮名)
      • Katakana Ye 7.png[27](「衣」の省画。片仮名)
      • Katakana E 4.png[28] (「衣」の省画。片仮名)
      • Katakana Ye 2.png[29][30][31] (「衣」の省画。「グレーン」の活字で代用することがある。片仮名)
      • Katakana Ye 3.png[32][33] (「衣」の省画[34]。片仮名)
      • Katakana obsolete ye.svg[35][36] (「延」の省画[37]。片仮名)
      • Katakana Ye 6.png[38] (「延」の省画。片仮名)
      • Katakana Ye 5.png[39] (「兄」の省画[40]。片仮名)

このような使い分けは、音義派の学説に基づいて考え出された。音義派は、あ行い段とや行い段、あ行え段とや行え段、あ行う段とわ行う段は、本来違う音であると主張していた。そこで、それぞれに違う仮名を当て嵌めようとしたのである。[41]

しかし、日本語の研究が進み、それぞれに区別はないとする学説が出た。これらの奇字が実際に用いられることはなかった。[42]

天地の詞などでの「ye」[編集]

天地の詞[編集]

「天地の詞」に「え」が2回出てくるのは、「e」と「ye」を区別していたときに作られたためと考えられている。[要出典]

大為爾の歌[編集]

天地の詞よりも後に作られた「大為爾の歌」には「え」は1回しか出てこないが、本来「e」と「ye」の二つが含まれていた可能性が指摘されている。なお、「e」と「ye」を区別した場合、この歌の「え」は「e」である。[要出典]

いろは歌[編集]

大為爾の歌よりも後に作られた「いろは歌」にも「え」は1回しか出てこないが、こちらも本来「e」と「ye」の二つが含まれていた可能性が指摘されている。なお、「e」と「ye」を区別した場合、この歌の「え」は「ye」である。[要出典]

符号位置[編集]

2010年10月11日、Unicode 6.0 に「𛀀 (𛀀)」(U+1B000, KATAKANA LETTER ARCHAIC E) と「𛀁 (Unicode Japanese Hiragana Ye.svg)」(U+1B001, HIRAGANA LETTER ARCHAIC YE) が採用された[43]

2017年6月20日、Unicode 10.0 に「𛀁 (Hiragana E 01.svg)」が採用された。「𛀁 (Unicode Japanese Hiragana Ye.svg)」は「𛀁 (Hiragana E 01.svg)」と統合され、「HENTAIGANA LETTER E-1」という別名が与えられた。

2021年9月14日、Unicode 14.0 に「Katakana obsolete ye.svg」(U+1B121, KATAKANA LETTER ARCHAIC YE) が採用された[44]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
𛀁 U+1B001 - 𛀁
𛀁
Hiragana Letter Archaic Ye
𛀀 U+1B000 - 𛀀
𛀀
Katakana Letter Archaic E

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『世界の文字の図典普及版』2009年, 世界の文字研究会, 吉川弘文館
  2. ^ 平仮名(大辞林特別ページ)
  3. ^ 片仮名(大辞林特別ページ)
  4. ^ 馬渕和夫『五十音図の話』大修館書店、1994年(原著1993年)、17-24,93。ISBN 4469220930
  5. ^ 綴字篇
  6. ^ 綴字篇
  7. ^ 古言衣延辨證補
  8. ^ 古言衣延辨證補
  9. ^ 古言衣延辨證補
  10. ^ 古言衣延辨證補
  11. ^ 古言衣延辨證補
  12. ^ 古言衣延辨證補
  13. ^ 雅語綴字例
  14. ^ 古言衣延辨證補
  15. ^ 古言衣延辨證補
  16. ^ 古言衣延辨證補
  17. ^ 綴字篇
  18. ^ 古言衣延辨證補
  19. ^ 音韻啓蒙 : 2巻. 上巻
  20. ^ 古言衣延辨證補
  21. ^ 綴字篇
  22. ^ 小学日本文典入門. 巻之1
  23. ^ 語学捷径. 上
  24. ^ 小学日本文典入門. 巻之1
  25. ^ 訓蒙明声初途. 初編
  26. ^ 日本文典大綱
  27. ^ 語学捷径. 上
  28. ^ 西字五十音図 : 一名・羅馬字五十音
  29. ^ 仮名遣の栞
  30. ^ 日本新文典
  31. ^ 日本文法問答. 初編
  32. ^ 新式漢文捷径初歩
  33. ^ 実用日本語法 : 日清対訳
  34. ^ 新式漢文捷径初歩
  35. ^ 小学教師心得・小学入門
  36. ^ 英和単語図解. 前篇
  37. ^ 古言衣延辨證補
  38. ^ 音韻啓蒙 : 2巻. 上巻
  39. ^ 辞礎
  40. ^ 辞礎
  41. ^ 唐澤るり子 五十音図の不思議な文字
  42. ^ 唐澤るり子 五十音図の不思議な文字
  43. ^ Kana Supplement, Unicode, Inc., https://www.unicode.org/charts/PDF/U1B000.pdf 
  44. ^ Kana Extended-A, The Unicode Standard, Draft Version 14.0

関連項目[編集]