小書きチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小書きチ()とは、主に英語などのʧ音に使用される仮名[1](ローマ字)。

平仮名
文字
字源 ちの小書き
片仮名
文字
字源 チの小書き
言語
言語 en
ローマ字
アイヌ語 ch
発音
IPA ʧ
種別


用例[編集]

  • 公教聖歌集(公明社)では〈チエ〉の《チ》が小文字になっていて、バチカン・ラテン語の ʧɛ 音を示す[2]
  • 露西亜語基礎1500語 (1935年・大学書林) ではロシア語シチャー《Щ》の[ʃʲʧʲ]を表すためのカタカナ連字〈シチ〉の《チ》の部分を小書きとして使用[3]
  • ロシヤ語四週間(大学書林)ではロシア語軟音〈ТЬ〉[tʲ]の発音ガナ表記で見られる[4]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 利用者:dhanow - GlyphWiki”. glyphwiki.org. 2020年3月19日閲覧。
  2. ^ 公教聖歌集 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2020年3月19日閲覧。
  3. ^ 露西亜語基礎1500語 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). kindai.ndl.go.jp. 2020年3月19日閲覧。
  4. ^ ロシヤ語四週間 - 株式会社大学書林”. www.daigakusyorin.co.jp. 2020年3月19日閲覧。