や行い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平仮名
文字 Ya-2.jpg
字源 以の草書体
Unicode U+1B006
片仮名
文字 Ya-yihira.JPG
字源 以の左の部分
言語
言語 ja

や行い(やぎょうい、Ya-2.jpgYa-yihira.JPG)は、仮名のひとつである。五十音図において第8行第2段(や行い段)に位置する。古来日本語では「あ行のい」と「や行のい」の区別は存在しなかったが、江戸時代に両者を区別すべきだという説が起き、白井寛蔭『音韻仮字用例』(1860年刊)では新たな仮名を創作している。明治初年の教科書の中にも書きわけているものがある[1]

明治時代[編集]

1873年明治6年)の国語教科書では文字教育に五十音図を使用したが、その中で、や行い、や行えわ行うに、あ行の「い・う・お」とは別の仮名を載せたものがあった。片山淳吉「綴字篇」や、文部省編纂『小学校教授書』(師範学校)では五十音図のすべての升目に異なる文字が埋まっている。同じ1873年に出版された『小学読本』の五十音図ではこれらの仮名を使っておらず、その後の教科書でも使われていないが、語法書などではその後もこれらの仮名を使うことがあった[1]

明治前期にこのような事が見られるが、後期以降につくられた書物はや行い、や行え、わ行うの表記は無く、い、え、うに書き変えられている[2]

Tuzurizi12.jpg Syougaku11.jpg

ヤ行イの用法[編集]

明治の語法書で射る、鋳るなどに使われることがあった[3]。 → ヤ行上一段活用

文字コード[編集]

平仮名については、2017年6月20日公開のUnicodeバージョン10.0で仮名補助(Kana Supplement)ブロックに追加された計285個の変体仮名の中のU+1B006「“𛀆”」(HENTAIGANA LETTER I-1)を使うことができる。[4]

表示するには追加多言語面の変体仮名に対応しているフォントが必要である。

脚注[編集]

  1. ^ a b 馬渕和夫『五十音図の話』大修館書店、1994年(原著1993年)、17-24,93。ISBN 4469220930
  2. ^ 近代デジタルライブラリー - かなづかひ教科書
  3. ^ 村山自彊、中島幹事『仮名遣』開新堂、1891年、9頁。
  4. ^ Kana Supplement, Unicode, Inc., http://www.unicode.org/charts/PDF/U1B000.pdf 

参考文献[編集]

関連項目[編集]