ローマ字入力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ローマ字入力(ローマじにゅうりょく)とはコンピュータへの日本語入力において文章の読みを入力する方式の一つである。

JIS規格JIS X 4063:2000(仮名漢字変換システムのための英字キー入力から仮名への変換方式)によって日本語のローマ字入力が標準化されていたが、規格自体は2010年1月20日に廃止された。

広義では日本語入力システムに限定されず、外国語の入力方法の一種としてのローマ字入力もある。外国語の場合は英字キー入力から外国語文字に変換する入力方式になる。

概要[編集]

読みに対応するローマ字綴りキーボードなどから入力すると、かなに変換されて画面上に表示される。かな漢字変換の前段階として使用される。

一般には1文字以上のアルファベットの入力によって、最初に一致した対応する1文字以上のかな文字が決定した段階で表示される仕組みとなっている。

2000年に、ローマ字入力について、実際に各ベンダーが実装しているパターンを基にし、どの入力に対し何の文字を表示するかを規定した「JIS X 4063:2000」(仮名漢字変換システムのための英字キー入力から仮名への変換方式)が規格化されたが、2010年に廃止された。

ローマ字入力に対して、キーに表示されたひらがなを直接入力するかな入力がある。

ローマ字入力後の文字に対して漢字などに変換する処理は、通常は別に行われ、該当の処理をかな漢字変換処理という。

JIS X 4063:2000で規定されていた入力方式[編集]

JIS X 4063:2000では、ローマ字入力を行うソフトウェアを作成するベンダーが必ず実装しなければいけない入力方式と、追加で実装した方が良い入力方式を規定していた。

必ず実装しなければいけない入力方式[編集]

a i u e o
ka ki ku ke ko ga gi gu ge go
sa si
shi
su se so za zi
ji
zu ze zo
ta ti
chi
tu
tsu
te to da di du de do
na ni nu ne no
ha hi hu
fu
he ho ba bi bu be bo
pa pi pu pe po
ma mi mu me mo
ya yu yo
ra ri ru re ro
wa wyi wye wo
n
n'
nn
きゃ きゅ きょ ぎゃ ぎゅ ぎょ
kya kyu kyo gya gyu gyo
しゃ しゅ しょ じゃ じゅ じょ
sya
sha
syu
shu
syo
sho
zya
ja
zyu
ju
zyo
jo
ちゃ ちゅ ちょ ぢゃ ぢゅ ぢょ
tya
cha
tyu
chu
tyo
cho
dya dyu dyo
にゃ にゅ にょ
nya nyu nyo
ひゃ ひゅ ひょ びゃ びゅ びょ
hya hyu hyo bya byu byo
ぴゃ ぴゅ ぴょ
pya pyu pyo
みゃ みゅ みょ
mya myu myo
りゃ りゅ りょ
rya ryu ryo
しぇ じぇ
sye
she
zye
je
ちぇ ぢぇ
tye
che
dye
つぁ つぇ つぉ
tsa tse tso
てぃ でぃ
thi dhi
でゅ
dhu
ふぁ ふぃ ふぇ ふぉ
fa fi fe fo
xa xi xu xe xo
xka xke
xtu
子音字を重ねる(ただし「nn」は「ん」)
xya xyu xyo
xwa
-

追加で実装したほうがよい入力方式[編集]

いぇ
ye
うぃ うぇ うぉ ゔぁ ゔぃ ゔぇ ゔぉ
whi
wi
whe
we
who va vi vu ve vo
ゔゅ
vyu
くぁ くぃ くぇ くぉ ぐぁ
kwa
qa
kwi
qi
kwe
qe
kwo
qo
gwa
じゃ じゅ じょ
jya jyu jyo
ちゃ ちゅ ちょ
cya cyu cyo
つぃ
tsi
てぃ でぃ
thi
t'i
dhi
d'i
てゅ でゅ
thu
t'yu
d'yu
とぅ どぅ
twu
t'u
dwu
d'u
ふぁ ふぃ ふぇ ふぉ
hwa hwi hwe hwo
ふゅ
fyu
hwyu
xtsu
^

各ベンダーの実装方式との関係[編集]

JIS規格が制定された時点ではすでに様々な仕様の実装があったが、ほとんどの仕様は共通だった。

JIS規格は、各ベンダーが実際に実装されている仕様をベースに、共通する入力方式を抜き出し、例えば「la」を入力した場合に「ら」が表示される実装と「ぁ」が表示される実装があるような、同じ入力でも異なった結果が出る入力方式は外すことで仕様が決定した。

実際に上記に完全に適合する入力系は現在のところは存在しないようである。

ただし、ほとんどのローマ字入力ソフトにおいては、個別の入力文字に対し、各ユーザが自由に入力方式を決定できるようにカスタマイズが可能となっているため、大抵の場合は上記仕様に一致した入力方式を設定できるようになっている。なお、上記の表には、「t'i」=「てぃ」など記号を含むものもあるが、ソフトによっては設定できないこともある。たとえばMS-IMEでは'(アポストロフィ)を使用できない。

ローマ字入力の長所・短所・指摘[編集]

ローマ字入力とかな入力を比較すると、以下のような長所・短所・指摘がある。

長所[編集]

  • 使用する基本のキーがアルファベット「A」~「Z」の26個のみと少なく、覚えやすい。長音符に必要な「-」(ハイフン)を例外とすればキーボードの3段のみで済み、ホームポジションからの手指の運動範囲が狭い。
  • 濁音・半濁音でも清音と打鍵数が変わらない。
  • シフトキーを使う必要がない(英文・記号を入力しない場合。)。
  • QWERTY配列のタイピングとローマ字が既習であれば、すぐに使うことができる。
  • 職業上のスキルとしてタッチ・タイピングまでこなす必要がない場合、ローマ字のほうがキーの位置を探しやすい。
  • かな入力が習得できない者、ひらがなが理解できないが、アルファベットの理解可能な外国人にも使用することができる。

短所[編集]

  • 漢字から効率よく変化したかな1文字を2~3文字にローマ字に分解し、さらに1文字ずつ入力するため、入力方法としては効率が悪い。
  • ローマ字未習者は「ローマ字かな変換表」を用意し、ローマ字綴りを習得しなければならない。
    • ローマ字そのものは、小学3年生の国語でも習うことになっている。
  • 日本の人名・地名を記すローマ字ではほとんど用いられない、特殊な綴り(例:「デュ」→「dhu」など)を用いる場合もあり、効率よく入力するためにはそれらの特殊な綴りも覚える必要がある。
  • 英語未習の者にローマ字学習をさせると、英語の学習を開始した際の困難が生じ、学習の妨げになることが多い。総じて、日本人の英会話習得率の低さにつながっている。[要出典]

関連項目[編集]