日本語の音韻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本語の音韻(にほんごのおんいん)は、日本語において別々のと分析される抽象的な音の全体である。これらの音韻は一つの体系をなす。

本記事では、日本語東京方言の音韻体系、また、音声学的に見た実際の発音単音連音)を中心に説明する。

モーラ[編集]

日本語は典型的なモーラ言語であり、長母音や語末に /ɴ/ のある音節は2モーラと数える。各モーラがおおむね同じ時間になるように発話される。例えば、「ヨーロッパ」(/joːroQpa/) という単語は5モーラになる。

服部四郎の解釈では(音素/'/を認め、引き音素を認めない場合)、日本語のモーラは以下のいずれかに属する。

  1. CV (子音+母音)
  2. CjV (拗音。母音は /a//o//u/ のいずれか)
  3. V・/ɴ//Q/ (長音・撥音・促音)

モーラの一覧[編集]

日本語のモーラの一覧を示す。外来語にのみ出現する音(例:シェ)はこの表には含まない。

-a -i -u -e -o -ja -ju -jo
'-
k- きゃ きゅ きょ
g- ぎゃ ぎゅ ぎょ
ŋ- か゚ き゚ く゚ け゚ こ゚ き゚ゃ き゚ゅ き゚ょ
s- しゃ しゅ しょ
z- じゃ じゅ じょ
t- ちゃ ちゅ ちょ
d-
n- にゃ にゅ にょ
h- ひゃ ひゅ ひょ
p- ぴゃ ぴゅ ぴょ
b- びゃ びゅ びょ
m- みゃ みゅ みょ
r- りゃ りゅ りょ
w-
特殊モーラ ɴ
Q
ː
  • 以上が、一般的な数え方であるが、専門家によってその総数は若干異なる。たとえば、金田一春彦は、上の音韻に加えて、「(うぉ)」「てぃ」も日本語に存在すると認めている[1]
  • 「みゅ」の音が含まれる単語は、外来語擬音語を除くと「小豆生田(おまみゅうだ)」というの一例のみである[2]
  • 日本語のい段は、強く口蓋化されている。

母音[編集]

基本5母音の調音位置
左側を向いた人の口の中を模式的に示したもの。左へ行くほど舌が前に出、上へ行くほど口が狭まることを表す。
前舌 奥舌
/i/ /u/
/e/ /o/
/a/
  • 「あ」 /a/ は中舌的であり、国際音声記号の精密表記では前舌母音 [a] と後舌母音 [ɑ] の中間音 [ä] と表す事が出来る。
  • 「い」 /i/ は少し後寄りであり、精密表記では [i̠] と表す。
  • 「え」 /e/ は広めであり、精密表記では 半狭母音 [e] と半広母音 [ɛ] の中間音 [e̞] のように表す。
  • 「お」 /o/ も広めであり、精密表記では 半狭母音 [o] と半広母音 [ɔ] の中間音 [o̜̞] のように表す。
  • 「う」 /u/ は日本語の特徴的な母音で、東京方言では、英語などの [u] のような円唇後舌母音より、少し中舌よりで、それに伴い円唇性が弱まり、中舌母音のような張唇でも円唇でもないニュートラルな唇か、それよりほんの僅かに前に突き出した唇で発音される、半後舌微円唇狭母音 [ɯ̜̟] である[3]。これは舌と唇の動きの連関で、前舌母音は張唇、中舌母音は平唇・ニュートラル(ただしニュートラルは、現行のIPA表記では非円唇として、張唇と同じカテゴリーに入れられている)、後舌母音は円唇となるのが自然であるという法則に適っている[4]。しかし「う」は母音融合などで見られるように、音韻上は未だに円唇後舌狭母音として機能する[5]。また、[ɯᵝ] という表記も行なわれる[要出典]。 円唇性の弱さを強調するために、[ɯ] を使うこともあるが[6]、これは本来朝鮮語に見られる、iのような完全な張唇でありながら、u のように後舌の狭母音を表す記号であり、円唇性が減衰しつつも残存し、かつ後舌よりやや前よりである日本語の母音「う」の音声とは違いを有する。またこの種の母音は、唇と舌の連関から外れるため、母音数5以上の言語でない限り、発生するのは稀である。
    • 「ス・ズ・ツ」ではやや前寄り(中舌的)の [ɯ̜̈] になる[7]。「う」は唇音の後と西日本方言では「う」は東京方言よりも奥舌で、唇も丸めて発音し、 [u] に近い。
  • ※ ̈ は中舌寄り、 ̠ は後寄り、 ̜ は弱めの円唇、 ̹ は強めの円唇、˕ は下寄りを示す補助記号である。
  • /u/ を除いて、日本語の短母音は、スペイン語やイタリア語の発音と類似している。

母音の無声化[編集]

多くの方言で、抑揚が高い時の /i//u/ が無声子音の間にある時に無声化する[8]。 無声化した母音の隣接した音節では通常は無声化する事はない。さらに単語の終わりの抑揚が低い時は、そこの無声子音の後の /i//u/ が無声化する[要出典]

    /kutuꜜ/ > [kɯ̥tsɯ̈] kutsu 靴     /aꜜtu/ > [átsɯ̥̈] atsu 圧
    /hikaɴ/ > [çʲi̥kãɴ́] hikan 悲観     /hikaku/ > [çʲi̥kakɯ] hikaku 比較
    /kisitu/ > [kʲi̥ɕitsɯ̈] kishitsu 気質

より小さい範囲に /o/ が2拍以上隣接していると無声化することがある[要出典]

    /kokoꜜro/ > [ko̥kóɾ̠ò] kokoro 心

鼻音化[編集]

/m//n/ に隣接している時に、母音はわずかに鼻にかかった声で話される。撥音 /ɴ/ の前の母音ではかなり鼻にかかった声(鼻母音)で話される。

    /seesaɴ/ > [seesãɴ́] seisan 生産     /haɴgaku/ > [hãŋgak] hangaku 半額

声門閉鎖音挿入[編集]

単語の始めと終わりで、それぞれ声門閉鎖音 [ʔ] が発音されることがある。これは以下の言葉(単独で発音される)で表される。

    /eꜜɴ/ > [ẽ́ɴ̀] ~ [ʔẽ́ɴ̀]: en 円
    /kisiꜜ/ > [kʲi̥ɕʲíʔ]: kishi 岸
    /uꜜ/ > [ɯ́ᵝʔ] ~ [ʔɯ́ᵝʔ]: u 鵜

単語の最終的な語が強調されて口にする時、この声門閉鎖音は明らかに聞き取れて時々、促音で表される。これは「あっ」と「えっ」のような感動詞でも見つかる。

長母音[編集]

日本語の母音には長短の区別があるが、これを音韻的にどう解釈するかは説が分かれる。「伸ばし音素」のようなものを認めることも、長母音を単に2つの(短)母音が並んだものと考えることも可能である。(下記#/R/を参照)

子音[編集]

平仮名は代表としてア段のものを記す。

両唇音 歯茎音 そり舌音 硬口蓋音 軟口蓋音 口蓋垂音 声門音
破裂音 /p/ /b/ /t/ /d/ /k/ /ɡ/  
鼻音 /m/ /n/ (/ŋ/ か゚) /ɴ/  
ふるえ音 (/r/)      
はじき音 (/ɾ/ ) (/ɽ/ )      
摩擦音 (/ɸ/ ふぁ) (/β/ ) /s/ /z/ (/ç/ ひゃ) (/ɣ/ ) /h/
接近音 /β̞/ (/ɹ/ ) /j/ (/ɰ/ )  
側面音 側面接近音     (/l/)  
側面はじき音     /ɺ/ [d̠ʴ̝̆]  
  • 上の表の括弧内の子音は異音である。
  • /p//t//k/ は通常弱い有気音になる[9]
  • 子音は /i/ または /j/ の前では強く口蓋化される。[n][nʲ][p][pʲ] など。
  • /t//d//n/舌端音歯音(つまり、舌は、上の歯の後ろと歯茎の前部と接触する)として調音される。 [t̪][d̪][n̪]
  • /t//d/舌端音歯音/s//z/舌端音歯茎音である。
    • /i/ の前では歯茎硬口蓋音 [t][tɕ][d][(d)ʑ][s][ɕ][z][(d)ʑ] になる。
    • /u/ の前では歯茎音 [t][ts][d][(d)z][s][s][z][(d)z] になる。
  • /ɸ/ は主に外来語に現れる。独立した音素とみなさないこともできる。/u/ の前では /h/ と区別されない。
  • /ŋ/ガ行鼻濁音)は一部の話者にのみ現れ、それ以外の話者は /ɡ/ と区別しない。これが /ɡ/ と異なる音素かどうかについては議論がある。
  • /ɡ/ は(ガ行鼻濁音にならない場合)母音間では摩擦音 [ɣ] になることが多い。
  • /b/ は母音間では摩擦音 [β] になることが多い[10]
  • /z/破擦音として現れることが多い。典型的には語頭と撥音 /ɴ/ の後で破擦音 [dz]、母音の後ろでは摩擦音 [z] になる。
  • /r/ はさまざまな形であらわれる。服部によると調音部位も後続する母音によって異なる[11]。IPAハンドブックによれば[12]
    • 語頭と撥音 /ɴ/ の後では摩擦部分の短い後部歯茎破擦音 [d̠ʴ̝̆] である。
    • それ以外の位置では後部歯茎はじき音 [ɾ̠] である(IPAハンドブックではそり舌はじき音 [ɽ] を使用している)。
    • すべての位置で後部歯茎側面接近音 [l̠] が現れることがある。
    • 環境によっては後部歯茎接近音 [ɹ̠] が現れることがある。
    • また環境によっては後部歯茎ふるえ音 [r̠] が現れることがある(お笑いタレントの出川哲朗やSMAPの中居正広などがまれに怒鳴った時とかにこの音で喋ることがある)。
  • /h//i/ の前では無声硬口蓋摩擦音 [ç] になり、/u/ の前では無声両唇摩擦音 [ɸ] になる[13]
  • /w/ は母音 /u/ と同様に、唇を突き出したり丸めたりせず、上唇と下唇を近づけて、その狭い隙間から音を出す両唇接近音 [β̞]。この音を軟口蓋接近音 [ɰ] で表すこともある[14]
  • 撥音 /ɴ/ は、後ろが子音が続くときはその子音と同じ調音位置になる。

促音 /Q/ の子音[編集]

促音 /Q/ の子音は後にくる子音によって変わってくる。

  • 破裂音の前ではその破裂音の内破音である。
    • /p/ の前では [p̚] になる。
      • 例 葉っぱ [hap̚pa]
    • /t/ の前では [t̚] になる。
      • 例 打った [ut̚ta]
    • /k/ の前では [k̚] になる。
      • 例 作家 [sak̚ka]
  • 摩擦音の前ではその摩擦音を伸ばす。
    • 例 あっさり [assaɾʲi]
    • 例 一緒 [iɕɕo]
    • 例 バッハ [bahha]
  • 語末では声門閉鎖音 [ʔ] になる。
    • 例 あっ [aʔ]

子音の音韻的解釈上の議論[編集]

/'/[編集]

服部四郎は、母音ではじまる音節(ア行・ヤ行・ワ行)の前に子音 /'/ があると考え[15]、これによっていくつかの音声的事実を説明できるとする。この音素を立てた場合、日本語のすべての音節は子音で始まることになる。柴谷方良は /'/ の存在を疑っている[16]

/ŋ/[編集]

服部四郎は、/ŋ//ɡ/ とは別の音素とする。

  • /ooŋarasu/ (大鴉)と /oogarasu/ (大ガラス)のような最小対がある。[17]
  • 語頭でも /ŋa/ 「が、(しかし……)」のように言うことがある。

ということを根拠とする。しかし、多くの学者はこれに反対している[18]

/c/[編集]

「チ・ツ」の子音が「タ・テ・ト」の子音と音韻的に同じかどうかについては議論がある。服部四郎は /t//j/ /i/ /u/ の前だけで破擦音になる理由がないとして、/t/ とは別に /c/ を立てる[19]。しかし /c/ を認めず、「チ・ツ」を /ti//tu/ とする解釈もある[20]

前者の解釈では /ti//tu/ および /di//du/ は「あきま」になっている(理論的には存在するが歴史的理由でその音をもつ語が存在しない)と解釈する。後者の解釈では /di//du//zi//zu/中和していると考えることになる。

/Q/[編集]

服部四郎は促音を音素 /Q/ とする。たとえば「あった」は /aQta/ になる。これを /atta/ と解釈することも可能である。

/R/[編集]

金田一春彦は長音のために引き音素を立てる[21]。服部四郎は音声的実体がないとしてこれに反対するが[22]、柴谷方良は金田一春彦に賛成する[23]

アクセント[編集]

日本語東京方言は高低アクセントを持つ。すなわち、一語のうちの最後に高くなるモーラが語によって決まっている。服部四郎の用語ではこれをアクセント核と呼ぶ。金田一春彦は低くなるモーラの前にアクセントの滝があると考える(ダウンステップを参照)。

各モーラの高さはアクセント核から予測可能である。アクセント核が第2モーラ以降にあれば第1モーラは通常低い。第2モーラからアクセント核のあるモーラまでは高く、それ以降は低い。アクセント核のない、いわゆる平板調の語もある。

連音[編集]

現代日本語の連音現象としては、連濁が代表的である。ほかに連声音挿入音便などがあるが、生産的ではない。

脚注[編集]

  1. ^ 金田一春彦『日本語の特質』(NHKブックス、1991年)
  2. ^ 原典不明。金田一春彦『日本語の特質』(NHKブックス、1991年)にも記載されている。
  3. ^ 「日本語の音声」窪園晴夫、1999、p35~p37
  4. ^ 「日本語の音声」窪園晴夫、1999、p34~p35
  5. ^ 「日本語の音声」窪園晴夫、1999、p100
  6. ^ 「日本語の音声」窪園晴夫、1999、p35
  7. ^ 服部(1984) p.80
  8. ^ Tsuchida (2001:225)
  9. ^ 服部(1984) p.113
  10. ^ 服部(1984) p.74
  11. ^ 服部(1984) p.78
  12. ^ Okada (1999)
  13. ^ Okada (1991:95)
  14. ^ Ladefoged (2001) p.216
  15. ^ 服部(1960) p.290
  16. ^ Shibatani (1990) p.162
  17. ^ 服部(1960) p.338
  18. ^ Shibatani (1990) p.172
  19. ^ 服部(1960) p.288
  20. ^ Shibatani (1990) pp.164-166
  21. ^ 金田一(1950)
  22. ^ 服部(1960) p.327
  23. ^ Shibatani (1990) pp.162-163

参考文献[編集]

関連項目[編集]