連声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

連声(れんじょう)とは、日本語連音の一種。2つの漢字からなる語の一番目の字が子音で終わり、かつ二番目の字がア行(母音)・ヤ・ラ・ワ行(半母音)であるときに、それがタ・ナ・マ行に変化する現象をさす。長子音化の一種である。

概要[編集]

平安時代から室町時代にかけての日本語では、漢字音(音読み)が -t・-n・-m のいずれかの子音で終わることがあった。これらの漢字の後ろに母音(ア行)または半母音(ヤ行・ラ行・ワ行)で始まる漢字が続くと、その漢字がそれぞれタ行・ナ行・マ行に変化することがあった。ヤ行からナ行・マ行に変化するときは拗音になった。

江戸時代以降になると、-t は独立の音節である「」または「」にかわり、また -m および -n は撥音で発音されることが一般的になり、漢語の連声はほとんど見られなくなったが、一部の漢語には今も痕跡的に残っている。

なお室町時代には、漢語内のみでなく漢語の後ろに助詞「は・を」が続くときにも連声が見られた。この現象は現在では狂言などの古典芸能や、ごく一部地域の方言にしか残されていない。

  • 「念仏を」→ ねんぶっ(but + wo)
  • 「今日は」(こんにちは) →こんにっ(nit + wa)
  • 「冥見を」→ みょうけん(ken + wo)

実例[編集]

以下の例は歴史的仮名遣いで記し、-n を「ん」で、-m を「む」で書きわける。

第一字が -n で終わる例[編集]

  • 「銀杏」ぎん + あん → ぎん
  • 「観音」くゎん (かん)+ おむ (おん) → くゎんむ (かんん)
  • 「云々」うん + うん → うん
  • 「反応」はん + おう → はん
  • 「天皇」てん + わう (おう) → てんう (てんう)
  • 「輪廻」りん + ゑ (え) → りん
  • 「因縁」いん + ゑん (えん) → いん
  • 「権六」ごん+ろく→ ごんく(江戸時代)

第一字が -m で終わる例[編集]

  • 「三位」さむ (さん) + ゐ (い) → さむ (さん)
  • 「陰陽」おむ (おん) + やう (よう) → おむゃう (おんょう)

第一字が -t で終わる例[編集]

  • 「雪隠」せつ + いん → せっ
  • 「出来」しゅつ + らい → しゅっ
  • 「屈惑」くつ + わく → くっく(→屈託)

関連文献[編集]

  • 中田祝夫・林史典 『日本の漢字』中公文庫、2000年 (原著1982年)、287-289頁。