アルタイ諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルタイ諸語
話される地域 東アジア北アジア中央アジア西アジア東欧
言語系統 かつては語族と考えられたが、現在は言語連合と考えられている。
下位言語
ISO 639-2 / 5 tut
Lenguas altaicas.png
  朝鮮語族(含む場合あり)
  日本語族(含む場合あり)
  アイヌ語 (含む場合あり)

アルタイ諸語(アルタイしょご、: Altaic languages)は、比較言語学において共通点が指摘されている、ユーラシア大陸に分布する諸言語である。一般にテュルク語族モンゴル語族ツングース語族を含み、広義にはこれらに日本語族朝鮮語族も加えられる[1]

これらの諸言語が共通の祖先 (祖語) を持ち、アルタイ語族をなすという仮説が歴史的に提唱されており、1960年代までは広く受け入れられていた[1]。しかし21世紀現在、言語学界においてこの主張は一般には認められていない[注釈 1][注釈 2][注釈 3][注釈 4]

「アルタイ諸語」の名は、中央アジアのアルタイ山脈(阿爾泰山脈)にちなみ命名されたものである[6]

構成言語と共通特徴[編集]

アルタイ諸語であることが広く認められている言語グループには以下の3つがある。 これらそれぞれの中での系統関係は実証されているが、これらの間の系統関係については決着を見てはいない。

これらの言語グループにはいくつかの重要な共通の特徴が見られる。

などの諸点である。

加えて、日本語族日本語琉球語)と扶余語族扶余語濊貊語高句麗語百済語)および朝鮮語族新羅語朝鮮語済州語)の3つをアルタイ諸語に含めることもある。

チュルク語族、モンゴル語族、ツングース語族のみの括りを「ミクロ・アルタイ」(Micro-Altaic)、日本語族、朝鮮語族を加えた括りを「マクロ・アルタイ」(Macro-Altaic)という。「アルタイ語族」の支持者のほとんどは、日本語族、朝鮮語族を含めることを支持している[8]

上記特徴のうち母音調和だけは日本語と朝鮮語が欠いているものだが、朝鮮語については過去に明らかな母音調和があった(中期朝鮮語)ことが知られている。 また、日本語についても、過去に母音調和を行っていた痕跡が見られるとする主張もある(上代特殊仮名遣[9]

アルタイ語族[編集]

アルタイ諸語を共通の祖語をもつアルタイ語族とする説は古くからあるが、母音調和を共通に行う3グループですら数詞などの基礎語彙が全く違うため、少なくとも伝統的な比較言語学の手法によってアルタイ祖語を復元し、アルタイ語族の存在を証明することは困難である。

研究史[編集]

アルタイ諸語の研究は18世紀の北欧において開始され、のち20世紀前半にいたるまで北欧はアルタイ言語学の中心地のひとつであった。1730年スウェーデンの外交官であり地理学者であったフィリップ・ヨハン・フォン・シュトラーレンベルク英語版Philip Johan von Strahlenberg、1676–1747)が大北方戦争の際にロシア帝国の捕虜となりユーラシア大陸を移動した経験をもとに刊行した本で、ツングース諸語モンゴル諸語チュルク諸語に関する記述がある。それより一世紀経つと、フィンランドの語源学者・文献学者 マティアス・カストレン英語版Matthias Alexander Castrén, 1813–1853)は1854年の著作でアルタイ諸語にチュルク、モンゴル、満州・ツングースだけでなくフィン・ウゴル語派サモエード諸語などのウラル語族までを含めた。

19世紀から20世紀にかけてツングース諸語モンゴル諸語チュルク諸語を研究する学者の多くは、これらアルタイ語族をフィン・ウゴル語派サモエード諸語などのウラル語族とあわせて考えた(ウラル・アルタイ語族説)が、ロシアの歴史言語学者セルゲイ・スタロスティン(1953–2005)がそれを否定し、現在ではこれらの考え方は棄却されている。

1857年オーストリアAnton Boller が日本語をウラル-アルタイ語族に位置づけ、1920年代にはフィンランドの言語学者グスターフ・ラムステッドエフゲニー・ポリワーノフは、朝鮮語を同語族に分類した。ラムステッドのmagnum opus "Einführung in die altaische Sprachwissenschaft " (アルタイ諸語入門、'Introduction to Altaic Linguistics') が出版された。

以降、 ニコラス・ポッペ、Karl H. Menges、Vladislav Illich-Svitych、Vera Cincius のツングース研究などがある。ポッペは朝鮮語について、

  • アルタイ諸語のモンゴル語・テュルク諸語・ツングース語群との系統関係はないが、アルタイ系語族からの影響が見られる。
  • 朝鮮語は上記3語族と分岐する以前に文字体系の構築があったのではないか。

との仮説を提出している。

ロイ・アンドリュー・ミラーは、多くのアルタイ言語学者は日本語をアルタイ語族に帰属すると考えているし、またミラー自身も同様に考える、との見解を提出し[10]、以降、日本語もアルタイ語族にあらためて再分類された。

John C. Street はチュルク - モンゴル - ツングース語族から朝鮮 - 日本 - アイヌ語族集団と北東アジア語族集団が分岐したとする説を提起した。

ジョーゼフ・グリーンバーグユーラシア大語族 (Eurasiatic languages) を提唱したさいに、日本アイヌ ‐ 朝鮮言語集団と他のギリヤーク語エスキモー・アレウト語族シベリアチュクチ・カムチャツカ語族と区分した。

いずれにせよ、このアルタイ語族という分類の理論的な問題としてまず、それが語族なのか、言語連合(独: Sprachbund)なのか、という問題がある。

同根語による比較対象と内的再構[編集]

Sergei Anatolyevich Starostin の語彙比較分析によれば、潜在的な類縁関係を持つ同根語が15%から20%の割合で対応関係が認められた。

  • チュルクとモンゴル語: 20%
  • チュルクとツングース語:18%
  • チュルクと朝鮮語:17%,
  • モンゴル語とツングース語:22%
  • モンゴル語と朝鮮語:16%
  • ツングース語と朝鮮語: 21%

Starostin は結論として、アルタイ諸語はインドーヨーロッパ語族やフィン・ウゴル語派といった他のユーラジア語族よりも古く、それが後世のアルタイ諸語同士における対応関係の少なさを説明する、とした。

2003年には Claus Schönig はアルタイ諸語は発生的・遺伝的 (genetic) 関係において共通する基礎語彙をもっていないとした。

Starostinを代表とする辞典 Etymological Dictionary of the Altaic Languages[11]の編纂過程でのAnna V. Dybo、Oleg A. Mudrak、Ilya Gruntov、マーティン・ロベーツ(Martine Robbeets)らの研究では2800個の同根語集団を抽出し、この同根語集団を基礎に音韻的対応関係、文法的対応関係、アルタイ祖語の内的再構を試みたが、他の研究者との間で議論が継続中である。

子音対応表[編集]

Starostinらの研究(2003)における子音対応表は、同研究におけるアルタイ祖語の内的構成を踏まえて作られた[12]

アルタイ祖語 チュルク祖語 モンゴル祖語 ツングース祖語 朝鮮・韓国祖語 日本祖語
0-¹, j-, p h-², j-, -b-, -h-², -b p p p
t-, d-³, t t, tʃ4, -d t t t
k k-, -k-, -ɡ-5, -ɡ x-, k, x k, h k
p b b-6, h-², b p-, b p p
t d-, t t, tʃ4 d-, dʒ-7, t t, -r- t-, d-, t
k k-, k, ɡ8 k-, ɡ k-, ɡ-, ɡ k-, -h-, -0-, -k k
b b b-, -h-, -b-9, -b b p, -b- p-, w, b10, p11
d j-, d d, dʒ4 d t, -r- d-, t-, t, j
ɡ ɡ ɡ-, -h-, -ɡ-5, -ɡ ɡ k, -h-, -0- k-, k, 012
tʃʰ t
d-, tʃ d-, dʒ-4, tʃ s-, -dʒ-, -s- t-, -s-
j d-, j
s s s s s-, h-, s s
ʃ s-, tʃ-13, s s-, tʃ-13, s ʃ s s
z j s s s s
m b-, -m- m m m m
n j-, -n- n n n n
j-, nʲ dʒ-, j, n n-, nʲ14 m-, n, m
ŋ 0-, j-, ŋ 0-, j-, ɡ-15, n-16, ŋ, n, m, h ŋ n-, ŋ, 0 0-, n-, m-7, m, n
r r r r r r, t17
r r r r, t
l j-, l n-, l-, l l n-, r n-, r
j-, lʲ d-, dʒ-4, l l n-, r n-, s
j j j, h j j, 0 j, 0

他、母音対応表、韻律対応表、形態対応表、同根語表、基礎語彙表も作られ、各表の対応関係を見ると、各諸語の対応関係が成立している。しかし、それはアルタイ語族の存在の証明とはいまだなっていない。

他、突厥文字の代表的史料であるモンゴルの8世紀のオルホン碑文の対照研究からも様々な研究がなされている。

語彙対応比較表[編集]

アルタイ系民族[編集]

アルタイ諸語を話す民族はY染色体ハプログループC2が高頻度で観察され、とりわけC-M86との関連性が想定される[29]。ただしこのタイプはニブフコリヤーク人でも高頻度であり、アルタイ諸語の基層にニブフ語のような古アジア諸語を想定できるかもしれない。[独自研究?]

アルタイ系民族は騎馬遊牧民が多いが、騎馬文化の起源は印欧系クルガン文化にさかのぼる。最初に南シベリアに騎馬文化をもたらした民族はトカラ語派を話したアファナシェヴォ文化の担い手である。アルタイ系民族は彼らから騎馬文化を取り入れたと考えられる。その後南シベリアではオクネフ文化が興るが、この担い手としてアルタイ系民族(テュルク系民族)が想定できる。その後イラン系アンドロノヴォ文化スキタイ時代をへて、アルタイ系民族が中央ユーラシアで覇権を握る時代が訪れる。テュルク諸語、モンゴル諸語、ツングース諸語の分化時期は明らかでないが、各々の拡散に、印欧系騎馬文化の影響があったことは明らかである。[要出典]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ "While 'Altaic' is repeated in encyclopedias and handbooks most specialists in these languages no longer believe that the three traditional supposed Altaic groups, Turkic, Mongolian and Tungusic, are related."[2]
  2. ^ "When cognates proved not to be valid, Altaic was abandoned, and the received view now is that Turkic, Mongolian, and Tungusic are unrelated." [3]
  3. ^ "Careful examination indicates that the established families, Turkic, Mongolian, and Tungusic, form a linguistic area (called Altaic)...Sufficient criteria have not been given that would justify talking of a genetic relationship here."[4]
  4. ^ "...[T]his selection of features does not provide good evidence for common descent" and "we can observe convergence rather than divergence between Turkic and Mongolic languages--a pattern than is easily explainable by borrowing and diffusion rather than common descent",[5] has a good discussion of the Altaic hypothesis.

出典[編集]

  1. ^ a b Georg, Stefan; Michalove, Peter A.; Ramer, Alexis Manaster; Sidwell, Paul J. (1999-03). “Telling general linguists about Altaic” (英語). Journal of Linguistics 35 (1): 73-74. doi:10.1017/S0022226798007312. ISSN 1469-7742. https://www.cambridge.org/core/journals/journal-of-linguistics/article/telling-general-linguists-about-altaic/4062C2C55ABDE1D32E08D74FA26A6330#. 
  2. ^ Campbell, Lyle; Mixco, Mauricio J. (2007). A Glossary of Historical Linguistics. University of Utah Press. p. 7 
  3. ^ Nichols, Johanna (1992). Linguistic Diversity in Space and Time. Chicago. p. 4 
  4. ^ Dixon, R.M.W. (1997). The Rise and Fall of Languages. Cambridge. p. 32 
  5. ^ Pereltsvaig, Asya (2012). Languages of the World, An Introduction. Cambridge. pp. 211-216 
  6. ^ (Turks, Kalmyks).[1]
  7. ^ ただし、隣接する国・地域同士の言語は語族に関係なく語順が似てしまうことがある。また、SOV型は世界的に最も多く見られる語順である(言語類型論#語順)。
  8. ^ Stratification in the peopling of China: how far does the linguistic evidence match genetics and archaeology? In; Sanchez-Mazas, Blench, Ross, Lin & Pejros eds. Human migrations in continental East Asia and Taiwan: genetic, linguistic and archaeological evidence. 2008. Taylor & Francis.
  9. ^ 金田一京助による身体語に関する考察などがよく知られている。詳細は母音調和#日本語における母音調和を参照。
  10. ^ Roy Andrew Miller:ロイ・アンドリュー・ミラー『日本語 歴史と構造』小黒昌一訳、三省堂、1972年(原著は1967年)。R.A.ミラー『日本語とアルタイ諸語』西田龍雄監訳、近藤達生、庄垣内正弘、橋本勝、樋口康一共訳、大修館書店、1981(原著は1971年)
  11. ^ 3 vols.(Brill,2003)
  12. ^ 詳細や注釈は英語版wikipedia項目en:Altaic Languagesを参照
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct 板橋義三,アレクサンダー・ヴォヴィン,長田俊樹(2003)日本語系統論の現在
  14. ^ Lee, Ki moon (1968, 1969)
  15. ^ Park, Byong chae (1968)
  16. ^ Ryu, Ryeol (1983)
  17. ^ Murayama Shichirō 1962
  18. ^ Shichiro Murayama 1962
  19. ^ Shinmura Izuru Memorial Foundation(2002)Kōjien
  20. ^ Shinmura Izuru Memorial Foundation(2002)Kōjien
  21. ^ Shinmura Izuru Memorial Foundation(2002)Kōjien
  22. ^ Shinmura Izuru Memorial Foundation(2002)Kōjien
  23. ^ Shinmura Izuru Memorial Foundation(2002)Kōjien
  24. ^ Shichiro Murayama 1962
  25. ^ Shinmura Izuru Memorial Foundation(2002)Kōjien
  26. ^ Shinmura Izuru Memorial Foundation(2002)Kōjien
  27. ^ Shinmura Izuru Memorial Foundation(2002)Kōjien
  28. ^ Murayama Shichirō (1962)
  29. ^ 『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)

関連項目[編集]