オーストリック大語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーストリック大語族
(議論中)
話される地域東南アジア東アジア
言語系統仮説段階の大語族
下位言語
GlottologNone

オーストリック大語族(オーストリックだいごぞく、英語: Austric languages)は中国南部から東南アジアインド東部にかけて分布する仮説段階の大語族のひとつ。オーストロアジア語族オーストロネシア語族が含まれ、しばしばタイ・カダイ語族モン・ミエン語族も含まれる[1][2]。初期の仮説では、日本語族も含まれていた[3]

関連する語族の仮説としてシナ・オーストロネシア語族オーストロ・タイ語族などがある。

分類案[編集]

ポール・K・ベネディクトによる系統分類

Austric 

 モン・ミエン語族  (?)

 オーストロアジア語族 

 Austro‑Tai 

 オーストロネシア語族 

 タイ・カダイ語族 


セルゲイ・スタロスティンによる系統分類

Austric 

  モン・ミエン語族 

 オーストロアジア語族 

 Austro‑Tai 

 オーストロネシア語族 

 タイ・カダイ語族 

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Reid, Lawrence A. (2009). "Austric Hypothesis". In Brown, Keith; Ogilvie, Sarah (eds.). Concise Encyclopaedia of Languages of the World. Oxford: Elsevier. pp. 92–94.
  2. ^ Blust, Robert (2013). The Austronesian Languages (revised ed.). Australian National University. hdl:1885/10191. ISBN 978-1-922185-07-5.
  3. ^ van Driem, George (2001). Languages of the Himalayas. Vol. 1. Leiden: BRILL. ISBN 9004120629. p.298