エニセイ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エニセイ語族
民族エニセイ系民族
話される地域エニセイ川中流(シベリア
言語系統デネ・エニセイ語族
  • エニセイ語族
下位言語
  • 北エニセイ語群
  • 南エニセイ語群
Glottologyeni1252[1]
Yeniseian map XVII-XX.png
エニセイ語族。赤塗りが現存(ケット語)、斜線がかつての分布。

エニセイ語族(えにせいごぞく、Yeniseian languages)はシベリアエニセイ川流域に分布する語族。ケット語のみが現存する。便宜上「古シベリア諸語」に含まれることがあるが、他のシベリアの言語とは大きく異なる。

分類[編集]

プロト・エニセイ語 (紀元前500年以前; 紀元1世紀に分岐)

  • 北エニセイ語群 (紀元後700年に分岐)
  • 南エニセイ語群

(英語版より)

特徴[編集]

文法的には抱合語に属す。シベリアの言語では珍しい声調がみられる。

歴史[編集]

エニセイ語族はパレオ・エスキモーの言語との関連性が指摘されており[2]ベーリンジアから逆移住を示すとされる[3]。また、匈奴=フン族の言語、の言語がエニセイ語族であったとする見方がある[4][5]

他の語族との近縁関係[編集]

デネ・エニセイ語族[編集]

エニセイ語族は抱合語能格言語的な特徴や、人称代名詞などに関して、北米先住民のナ・デネ語族や、ヒマラヤ西側のブルシャスキー語などに似た点もあり、これらと同系統とする説もあったが、言語学的に広く認められたものではなかった。しかし、2008年にエドワード・ヴァイダによりエニセイ語族とナ・デネ語族が同系統であるとする仮説が提唱された。この2つの語族を合わせてデネ・エニセイ語族という呼称が提案されている。

シナ・チベット語族[編集]

エニセイ語族とシナ・チベット語族が近縁という説は古くから存在する[6]。最近の研究でも多くの同根語が見つかっている[7]。話者の遺伝子の観点からも、古代中国の上古中国語を話す)の遺骨からハプログループQ (Y染色体)(エニセイ系ケット人の90%以上を占める[8])が58%[9]の割合でみられる。

デネ・コーカサス語族仮説[編集]

より広範囲では、上述のナデネ語族やシナチベット語族の他に、北コーカサス語族ブルシャスキー語バスク語族等も含めたデネ・コーカサス語族が提唱されている[10][11]

脚注[編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Yeniseian”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/yeni1252 
  2. ^ Flegontov, Pavel; Changmai, Piya; Zidkova, Anastassiya; Logacheva, Maria D.; Altınışık, N. Ezgi; Flegontova, Olga; Gelfand, Mikhail S.; Gerasimov, Evgeny S. et al. (2016-02-11). “Genomic study of the Ket: a Paleo-Eskimo-related ethnic group with significant ancient North Eurasian ancestry”. Scientific Reports 6: 20768. arXiv:1508.03097. Bibcode2016NatSR...620768F. doi:10.1038/srep20768. PMC 4750364. PMID 26865217. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4750364/. 
  3. ^ Sicoli, Mark A.; Holton, Gary (2014-03-12). “Linguistic Phylogenies Support Back-Migration from Beringia to Asia”. PLOS ONE 9 (3): e91722. Bibcode2014PLoSO...991722S. doi:10.1371/journal.pone.0091722. ISSN 1932-6203. PMC 3951421. PMID 24621925. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3951421/. 
  4. ^ Vovin, Alexander. "Did the Xiongnu speak a Yeniseian language?". Central Asiatic Journal 44/1 (2000), pp. 87–104.
  5. ^ Vovin et al. "Who were the *Kjet" (羯) and what language did they speak?" Journal Asiatique 304.1 (2016): 125-144. p. 126–127
  6. ^ TAILLEUR, O.G. (1994). Traits paléo-eurasiens de la morphologie iénisséienne. Études finno-ougriennes 26: 35–56.
  7. ^ Sedláček, Kamil (2008). “The Yeniseian Languages of the 18th Century and Ket and Sino-Tibetan Word Comparisons”. Central Asiatic Journal 52 (2): 219–305. ISSN 0008-9192. https://www.jstor.org/stable/41928491. 
  8. ^ Tambets, Kristiina et al. 2004, The Western and Eastern Roots of the Saami—the Story of Genetic “Outliers” Told by Mitochondrial DNA and Y Chromosomes
  9. ^ Zhao, Y. B., Zhang, Y., Li, H. J., Cui, Y. Q., Zhu, H. & Zhou, H. Ancient DNA evidence reveals that the Y chromosome haplogroup Q1a1 admixed into the Han Chinese 3 000 years ago. Am. J. Hum. Biol. 26, 813–821 (2014).
  10. ^ GREENBERG, J.H., and M. Ruhlen. (1997). L'origine linguistique des Amérindiens[The linguistic origin of the Amerindians]. Pour la Science (Dossier, October), 84–89.
  11. ^ RUHLEN, Merritt. (1998b). The Origin of the Na-Dene. Proceedings of the National Academy of Sciences 95: 13994–96.