クスンダ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クスンダ語
話される国 ネパールの旗 ネパール
地域 ガンダキ県 タナフン郡ラプティ県 ダーン郡英語版およびロルパ郡ルンビニ県 アルガカンチ郡英語版
話者数 3人 (2014)[1]
言語系統
孤立した言語インド・太平洋大語族に分類されるという見方も存在)
  • クスンダ語
表記体系 なし
言語コード
ISO 639-1 -
ISO 639-2 -
ISO 639-3 kgg
消滅危険度評価
Critically endangered (UNESCO)
Status-unesco-critically.svg
テンプレートを表示

クスンダ語(クスンダご、英語: Kusunda)はネパール中西部でわずかな話者によって話されている孤立した言語。最近になって詳細が明らかになってきた。2014年現在、話者数は3人である[1]

かつてはチベット・ビルマ語派に属すと考えられていたが、2005年にデイヴィッド・E・ウォッターズ英語版よって孤立した言語であると発表された。インド・ヨーロッパ語族チベット・ビルマ語族がこの地に分布する前の古い言語と考えられている。

クスンダの子供はすでにクスンダ語を話さなくなり、ほぼ絶滅状態となっている。ブルシャスキー語との関係が研究されたりしているが、最近ではポール・ホワイトハウス(Paul Whitehouse)やメリット・ルーレンらがパプア諸語タスマニア語などとともに、インド・太平洋大語族に分類する見解を出している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Kusunda at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ Whitehouse (2004)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]