インド・太平洋大語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

インド・太平洋大語族(インド・たいへいようだいごぞく、Indo-Pacific languages)とは仮説段階の大語族ジョセフ・グリーンバーグによって、1971年に提唱された。パプア諸語大アンダマン諸語タスマニア語を含むが、この大語族は現状ではあまり受け入れられていない。Whitehouseらによればクスンダ語も含まれる。

含まれる言語[編集]

比較[編集]

whitehouse2004[1]による

人称代名詞 クスンダ語[2] 大アンダマン語族 Core North
Halmaheran 語族
(パプア諸語)
Central Bird's
Head 語族
(パプア諸語)
Juwoi Bo Galela Karon Dori
I tsi (< *ti) tui tu-lʌ to tuo
my tsi-yi tii-ye ti-e d͡ʒi "me"
you nu ŋui ŋu-lʌ no nuo
your ni-yi ŋii-ye ni "thee"
he/she gina (cf. gida,[3] git[4] kitɛ kitɛ gao

脚注[編集]

  1. ^ WHITEHOUSE, Paul; USHER, Timothy; RUHLEN, Merritt; WANG, William S.-Y. (April 13, 2004), "Kusunda: an Indo-Pacific Language in Nepal" (PDF), Proceedings of the National Academy of Sciences (United States National Academy of Sciences) 101 (15): 5692–5695, doi:10.1073/pnas.0400233101, ISSN 0027-8424, PMC 397480, PMID 15056764
  2. ^ Watters (2005)
  3. ^ Hodgson 1857
  4. ^ Reinhard 1976