チュクチ・カムチャツカ・アムール語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チュクチ・カムチャツカ・アムール語族
(仮説段階)
話される地域北アジア
言語系統提唱中の語族
下位言語
GlottologNone
Chukotko-Kamchatkan and nivkh.png

チュクチ・カムチャツカ・アムール語族(チュクチ・カムチャツカ・アムールごぞく、Chukotko-Kamchatkan–Amuric)は、ニヴフ語チュクチ・カムチャツカ語族を含む仮説段階の語族である。 チュクチ・カムチャツカ語族とニヴフ語の関係は、マイケル・フォーテスキューによって提案された。 彼は両語族の共通祖語が約4000年前に話された可能性があるとした[1] 。しかしGlottologはニヴフ語とチュクチ・カムチャツカ語族の間の系統関係を結論付けるには証拠が不十分であるとした[2]

証拠[編集]

提唱された音対応[1]

Nivkh CK
p, t, c, k, q p’, t’, c’, k’, q’
p’, t’, c’, k’, q’ v, r/z, γ, R
m, n, n, ŋ m, n, n’, ŋ
w, j w, j
ə æ


提唱された ニヴフ語-チュクチ・カムチャツカ語族 同根語[3]

Nivkh CK
aui 'mouth' æw 'get a hole'
kama 'run' kame 'move around'
juty 'pour' jit 'drip'
poju 'smoke' (verb) pujæ 'cook on hot stones in pit'
t'am 'stay calm' təmɣə 'stay still, calm'
uige 'no' ujŋæ 'no'

チュクチ・カムチャツカ語族とニヴフ語には二重/複数の区別があるが、チュクチ語では失われている。

チュクチ・カムチャツカ語族にも「単数」の語尾があり、ニヴフ語での単数の語尾の痕跡が見られる場合がある。

脚注[編集]