アラカルフ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラカルフ語族
カウェスカル語族
民族 カウェスカル
話される地域 チリ
言語系統 世界の主要な語族の1つ
下位言語
ISO 639-5 aqa
Glottolog kawe1237[1]

アラカルフ (Alacalufan) 語族またはカウェスカル (Kawesqaran) 語族は南アメリカの小さな語族である。これらは他のアメリカの語族との関連は確実にない[2][3]

言語[編集]

初期の語彙はアラカルフ語族が3つの言語からなっていたことを示している。その三つは南アラカルフ語(語彙は Fitz-Roy 1839 と Hyades & Deniker 1891)、中央アラカルフ語(語彙はBorgatello 1928, Marcel 1892, and Skottsberg 1913)、非常に危機に瀕した変種であるカウェスカル語である[4]

地名を証拠として、カカウフア語(Kakauhua,存在しない言語英語版)がアラカルフ語族に含まれていると主張されることがある。

グアイカロ語英語版は、中央アラカルフ語かカウェスカル語の方言であったかもしれない。

脚注[編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Kawesqar”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/kawe1237. 
  2. ^ Campbell, L. (1997). American Indian Languages: The Historical Linguistics of Native America. Oxford Studies in Anthropological Linguistics 4. Oxford: Oxford University Press.
  3. ^ Adelaar, W. F. H., & Muysken, P. C. (2004). The Languages of the Andes. Cambridge Language Surveys. Cambridge: Cambridge University Press.
  4. ^ Viegas Barros (1990, 2005), cited in Hammarström (2015) Ethnologue 16/17/18th editions: a comprehensive review: online appendices