オンガン語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オンガン語族
南アンダマン語族
話される地域: アンダマン諸島
言語系統: アンダマン諸語またはオーストロネシア・オンガン語族英語版[1]
下位言語:

オンガン語族(Ongan)または南アンダマン語族ジャラワ・オンゲ語族(Jarawa-Onge)はオンゲ語ジャラワ語からなる小さな語族である。アンダマン諸島ネグリトのオンガン系アンダマン人によって話される。現存語は以下の通り

分類[編集]

アンダマン諸語大アンダマン語族とオンガン語族、そして未研究のセンチネル語からなる。大アンダマン語族とオンガン語族の類似性は主に言語類型的、形態的 な性質であり、共通の語彙はほとんどない。ジョセフ・グリーンバーグのような熟年の言語学者も、アンダマン諸語を有効な語族として認めていない[2]。それ以来、オンガン語族(大アンダマン語族はふくまない)は、オーストロネシア祖語と遠縁なのではないかと提唱されてきた。(Blevins 2007)

オンガン祖語との子音対応[3]
オンガン祖語 *p *b *t *d *kʷ *k *j *w *c *m *n *l *r
ジャラワ語 p, b b t d hʷ, h h ɡ, j j w c ɟ m n ɲ ŋ l r
オンゲ語 b b t, d d, r kʷ, h k, ɡ ɡ, Ø j w c, ɟ ɟ m n ɲ ŋ l, j r/j/l, Ø
オンガン祖語との母音対応[3]
オンガン祖語 *i *u *a *e *o (*ə)
ジャラワ語 i u a e, ə, o o (ə)
オンゲ語 i u a e, ə, o o (ə)

文法[編集]

オンガン語族は膠着語であり、豊富な接頭辞と接尾辞システムをもつ[4][5]。主に身体部分に基づいた名詞クラスのシステムを持ち、すべての名詞形容詞は身体部分の関連する接頭辞をとる[6]

文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Blevins, Juliette (2007), “A Long Lost Sister of Proto-Austronesian? Proto-Ongan, Mother of Jarawa and Onge of the Andaman Islands”, Oceanic Linguistics 46 (1): 154–198, doi:10.1353/ol.2007.0015, http://email.eva.mpg.de/~blevins/pdf/webpub2007a.pdf 
  2. ^ Greenberg, Joseph (1971). "The Indo-Pacific Hypothesis." Current Trends in Linguistics Vol. 8, ed. by Thomas A. Sebeok, 807.71. The Hague: Mouton.
  3. ^ a b Blevins (2007:163–164)
  4. ^ Abbi, Anvita (2006). Endangered Languages of the Andaman Islands. Germany: Lincom GmbH.
  5. ^ Temple, Richard C. (1902). A Grammar of the Andamanese Languages, Being Chapter IV of Part I of the Census Report on the Andaman and Nicobar Islands. Superintendent's Printing Press: Port Blair.
  6. ^ Burenhult, Niclas (1996). "Deep Linguistic Prehistory with Particular Reference to Andamanese." Working Papers 45, 5-24. Lund University: Department of Linguistics

外部リンク[編集]