アイマラ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイマラ語族
Aymaran, Jaqi, Aru
話される地域 中央南アメリカアンデス山脈
言語系統 ケチュマラ語族?
  • アイマラ語族
下位言語
Glottolog ayma1253[1]
Aymaran languages.png
暗い色:アイマラ語族の現在の広がり。明るい色:以前の範囲 (地形学によって示されている)。

アイマラ語族(Aymaran, Aimara)、ハケ語族(Jaqi, Jaqui, Haki), Aruは、ケチュア語族とともに、中央アンデスの2つの主要な語族の1つである。

南(アルティプラーノ)アイマラ語派と中央アイマラ語派(ハカル語カウキ語)の二つの語派を持つ語族のために、Alfredo Toreroは「話す」という意味のAru、Rodolfo Cerron PalominoはAymaran、Hardman(1978)は、Jaqiという名称を提案した。

ケチュア語族の諸言語、特に南部の言語はアイマラ語と多くの語彙を共有しており、ケチュマラ大語族としてグループ化されていることが多い。しかし、この提案には議論の余地がある。;語彙の共有は、長期的な接触による集中的な借用と説明した方がよいだろう。

音韻論[編集]

母音[編集]

アイマラ語族の言語には母音音素/a i u/の3つのみであり、アイマラ語のほとんどの種類とハカル語では長さによる区別がある。長さは、一般的にアイマラ語ではトレマ、ハカル語では発音記号を使用して転写される。

子音[編集]

アイマラ語族の言語は子音目録で異なる点があるが、共通する特徴がいくつかある。アイマラ語とハカル語はともに、歯茎硬口蓋軟口蓋口蓋垂の各調音点での破裂音を持つ。 破裂音には、放出音有気音の区別がある。 両方とも歯茎硬口蓋軟口蓋摩擦音と、いくつかの中央側面接近音を含む。

形態音韻論[編集]

アイマラ語族の言語はケチュア語族の言語とは異なり、動詞と名詞の語根すべてが母音で終わる必要がある。借用語であっても、スペイン語のhabas(「豆(複数)」)はアイマラ語でhawasa、ハカル語でháwašaなる。この特徴は、他のアンデスの言語には存在しない。

ケチュア語と同様、アイマラ語も非常に膠着的である。しかしながら、それらは、多くの膠着的接尾辞が先行語根における母音の抑制を誘発する点で異なる。 例としては、単語apa(「取る」)の最後の母音がap-su(「取り出す」)になったときに失われる[2]

語族の区分[編集]

アイマラ語族は2つの言語で構成されている。

  • アイマラ語。 南部と中央の方言は分岐しており、時には別個の言語と見なされることもある。
  • ハカル語(Jaqaru, Haqearu, Haqaru, Haq'aru, Aru)。カウキ方言(Kawki, Cauqui、Cachuy)は分岐している。

アイマラ語族には約220万人の話者がいる。ボリビアに170万人、ペルーに35万人、残りはチリアルゼンチンにいる。ハカル語にはペルー中央部に約725人の話者がおり、2005年現在、カウキ語には9人の話者が残っている。カウキ語はほとんど文書化されていないが、ハカル語との関係は非常に密接である。最初は、マーサ・ハードマン(Martha Hardman)によって(当時の非常に限られたデータによって)異なる言語と見なされていたが、その後のすべてのフィールドワークと研究はその見解と矛盾し、それらは単一の言語の相互に理解できるが異なる方言であることを実証した。

関連項目[編集]

書誌[編集]

  • Adelaar, Willem F. H.; & Muysken, Pieter C. (2004). The languages of the Andes. Cambridge language surveys. Cambridge University Press.
  • Campbell, Lyle. (1997). American Indian languages: The historical linguistics of Native America. New York: Oxford University Press. ISBN 0-19-509427-1.
  • Kaufman, Terrence. (1994). The native languages of South America. In C. Mosley & R. E. Asher (Eds.), Atlas of the world's languages (pp. 46–76). London: Routledge.

参照資料[編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Aymaran”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/ayma1253. 
  2. ^ Adelaar, Willem F. H. (2004-06-10) (英語). The Languages of the Andes. Cambridge University Press. ISBN 9781139451123. https://books.google.com/books?id=UiwaUY6KsY8C.