ユカギール語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユカギール語族
民族 ユカギール人
話される地域 ロシアシベリア東部
言語系統 ウラル・ユカギール語族?
下位言語
Glottolog yuka1259[1]
Yukaghir map XVII-XX.png
ユカギール諸語の分布。ハッチは17世紀、赤塗りは20世紀の分布。
ユカギール諸語の地理的分布(桃色);その他はウラル語族

ユカギール語族(ユカギールごぞく)、またはユカギール諸語ユカギール語とは、シベリア東部のコリマ川流域に住むユカギール族が話す言語の総称で、古シベリア諸語の一つとして分類されている。古くはバイカル湖から北極海まで分布したといわれ、17世紀にはレナ川からアナディル川河口に至る広範囲で約9000人に話されていたが、現在ほとんどの人々がロシア語サハ語を使うようになり、話者は200人以下に減り(1989年)、絶滅の危機に瀕している。現在残っているのは2つの言語だけである。

下位言語[編集]

特徴[編集]

文法的には膠着語であるが、名詞には接尾辞がつくのに対し動詞には接頭辞がつく特徴がある。ウラル語族同様、母音調和否定動詞が存在する。

他の言語との系統関係[編集]

他言語との関係は明らかでないが、ウラル語族と関係があるとの説が比較的有力であり(ウラル・ユカギール語族[2]サモエード語派に近いとみられてきたが、最近の研究ではフィン・ウゴル語派との共通の特徴も指摘される[3]。また、チュクチ・カムチャツカ語族などとの親縁関係[4]が指摘されることもある。

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “ユカギール語族”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/yuka1259. 
  2. ^ Collinder, Björn (1940) Jukagirisch und Uralisch. Uppsala: Almqvist & Wiksell.
  3. ^ 世界大百科事典 第2版 ユカギール族 Yukagiry
  4. ^ Fortescue, Michael. 1998. Language Relations across Bering Strait: Reappraising the Archaeological and Linguistic Evidence. London and New York: Cassell. ISBN 0-304-70330-3.