ウラル・シベリア語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウラル・シベリア語族(ウラル・シベリアごぞく、Uralo-Siberian languages)はウラル語族とシベリアの諸言語のいくつかを含む、仮説として提案されている語族ウラル語族ユカギール語チュクチ・カムチャツカ語族エスキモー・アレウト語族が含まれる。

歴史[編集]

マイケル・ホーテスキューによって1998年に最初に提案された。その後様々な試みがなされている。現段階では定説には至っていない。

共通の特徴[編集]

形態素

  • -t 複数
  • -k 双数
  • m- 一人称
  • t- ニ人称
  • ka 疑問代名詞
  • -n 属格

語彙

ウラル・シベリア祖語 ウラル祖語 チュクチ・カムチャツカ祖語 エスキモー・アレウト祖語
[aj(aɣ])- 'push forward' [aja]- 'drive, chase' [aj-tat]- 'chase, herd' (PC) [ajaɣ]- 'push, thrust at with pole'
[ap(p)a] 'grandfather' [appe] 'father in law' [æpæ] 'grandfather' [ap(p)a] 'grandfather'
[el(l)ä] 'not' [elä] 'not' [ællæ] 'not' (PC) [-la(ɣ])- 'not' (A)
[pit(uɣ])- 'tie up' [pitV]- 'tie' (FU) [pət]- 'tie up' [pətuɣ]- 'tie up'
[toɣə]- 'take' [toɣe]- 'bring, take, give' (FU) [teɣiŋrə]- 'pull out' [teɣu]- 'take' (PE)

(英語版より)

ホームランド[編集]

ホーテスキューはウラル・シベリア祖語は紀元前8000-6000年の中石器時代の中南シベリアの狩猟採集民により話されていたとしている。

他語族との関係[編集]

インド・ヨーロッパ語族アルタイ語族ニブフ語を本語族に含める説もある。

参考文献[編集]

  • Fortescue, Michael. 1998. Language Relations across Bering Strait: Reappraising the Archaeological and Linguistic Evidence. London and New York: Cassell. ISBN 0-304-70330-3.

関連項目[編集]