アルギック語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルギック語族(Algic)
Algonquian–Ritwan
話される地域 北アメリカ
言語系統 北米の語族の一つ
下位言語
ISO 639-5 aql
Glottolog algi1248[1]
Algic langs.png
アグギック語族の分布

アルギック語族(Algic languages、別名 Algonquian–Ritwan languages) はアメリカ・インディアン諸語の一つで、アルゴンキン諸語ウィヨット語英語版ユロック語を含む語族である。

アルギック語族、クテナイ語モサン語族英語版を全部をあわせてアルゴンキン・ワカシャン語族英語版が提唱されている。

話者[編集]

アルギック語族の話者にはハプログループX (mtDNA)ハプログループR (Y染色体)がある程度の頻度で見られる[2][3]。ともに欧州オリエントでよくみられるタイプであり、有史以前のある時期にヨーロッパ方面から北アメリカへの直接移住が存在した[4]可能性も考えられる。アルギック語族の拡散はこの集団を基に起こった可能性がある。

脚注[編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Algic”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/algi1248. 
  2. ^ "The peopling of the Americas: Genetic ancestry influences health". Scientific American.
  3. ^ "Learn about Y-DNA Haplogroup Q" (VERBAL TUTORIAL POSSIBLE). Wendy Tymchuk – Senior Technical Editor. Genebase Systems. 2008. Retrieved 2009-11-21.
  4. ^ バリー・フェル(著)、喜多迅鷹・元子(訳)『紀元前のアメリカ』(1981)草思社