チュクチ・カムチャツカ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チュクチ・カムチャツカ語族
話される地域 ロシア東端部
言語系統 古アジア諸語の一つ
下位言語
  • チュクチ語派
  • カムチャツカ語派
Glottolog chuk1271[1]
Chukotko-Kamchatkan map XVII-XX.png
チュクチ・カムチャツカ語族の分布。斜線が17世紀、赤塗りが20世紀末の分布

チュクチ・カムチャツカ語族(チュクチ・カムチャツカごぞく)はシベリア北東端部のチュコト半島からカムチャツカ半島にかけて話されている、いわゆる古シベリア諸語(古アジア諸語)に含まれる言語からなる語族ルオラヴェトラン諸語とも[2]

概要[編集]

北部のチュクチ語派と南部のカムチャツカ語派に分けられ、いずれも現在、民族としては存続していても話者は少なく消滅の危機(または既に死語)にある。

共通の性質としては、抱合語(複統合語)で能格言語であり、破裂音破擦音には無声音しかない点などがある。チュクチ語派では特に子音の種類が少なく、摩擦音には有声音系列しかない。ほとんどの言語が母音調和をしめす。

下位分類[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Chukotko-Kamchatkan”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/chuk1271. 
  2. ^ 『世界の言語と国のハンドブック』下宮忠雄(大学書林)