ウル・チパヤ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウル・チパヤ語族
Uruquilla
民族ウル族
話される地域ボリビアチチカカ湖ポオポ湖
言語系統世界の主要な語族の1つ
下位言語
Glottologuruc1242[1]
Chipaya - mapa etnia.svg
ウル・チパヤ語話者の現在の分布

ウル・チパヤ語族 (ウル・チパヤごぞく、Uru–Chipaya)はボリビア土着の語族である。

話者は元々、チチカカ湖ポオポ湖デサグァデロ川英語版の沿岸で漁師をしていた。

チパヤ語英語版は1000人以上の話者がいて、先住民のコミュニティで活発に使われているが、他のウル族英語版の言語や方言はすべて絶滅している。

Loukotka (1968)は、かつてチリの海岸部、ワスコ英語版からアントファガスタ県コビハまでの地域で話されていたチャンゴ英語版語も挙げている。その後、人々はアラウカノ化している[2]

提案された外部との関係[編集]

Stark (1972)は、マヤ語とウル・チパヤ語、ユンガ語英語版(モチーカ語)を結ぶマヤ・ユンガ・チパヤ大語族英語版を提案した[3]

言語接触[編集]

Jolkesky (2016)は、クンザ語英語版プキーナ語英語版パノ語派英語版ハケ語族ケチュア語族マプドゥングン語族英語版モセテン・チマネ諸語英語版の各言語群と、接触による語彙の類似性があると指摘している[4]

語彙[編集]

Loukotka英語版 (1968)は、ウロ語(ウル語)とチパヤ語の基本的な語彙項目を以下のように挙げている[2]

参考文献[編集]

  • Aguiló, F. (1986). El idioma de los Urus. Editora Centro Portales.
  • Cerrón-Palomino, R. (2011). Chipaya. Léxico y etnotaxonomía. Lima: PUCP.
  • Espinoza Soriano (1991). Proto-Takanan and Uru-Chipaya: genetic relationship or ancient loans? Comunicação apresentada em: Conferencia Internacional sobre Lenguaje, Política Oficial sobre el Lenguaje y Política Educativa en los Andes, 28–30 October 1991. Newark: University of Delaware.
  • Hannẞ, K. (2008). Uchumataqu: The lost language of the Urus of Bolivia. A grammatical description of the language as documented between 1894 and 1952 (ILLA, 7). Leiden: CNWS Publications.
  • Nimuendajú, K. (1928-1929). Wortliste der Šipáya-Indianer. Anthropos, 23:821-850, 24:863-896.
  • Snethlage, E. (1932). Chipaya- und Curuaya-Wörter. Anthropos, 27:65-93.
  • Vellard, J. A. (1949-1951). Contribution à l'étude des Indiens Uru ou Kot'suñs. Travaux de l'Institut Français d'études Andines, 1:145-209, 2:51-89, 3:3-39.

参考文献[編集]

 

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Uru–Chipaya”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/uruc1242 
  2. ^ a b Loukotka, Čestmír (1968). Classification of South American Indian languages. Los Angeles: UCLA Latin American Center. https://archive.org/details/classificationof0007louk 
  3. ^ Stark, Louisa R. (1972). “Maya-Yunga-Chipayan: A New Linguistic Alignment”. International Journal of American Linguistics 38 (2): 119–135. doi:10.1086/465193. ISSN 0020-7071. 
  4. ^ Jolkesky, Marcelo Pinho de Valhery (2016). Estudo arqueo-ecolinguístico das terras tropicais sul-americanas (Thesis) (2 ed.). Brasília: University of Brasília.