パマ・ニュンガン語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パマ・ニュンガン語族
Pama-Nyungan languages
話される国 オーストラリアの大部分
話者数
言語系統
マクロ・パマ・ニュンガン語族
  • パマ・ニュンガン語族
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3
テンプレートを表示

パマ=ニュンガン語族は、アボリジニの言語の中で最も広汎な言語で、300言語含まれていると推測される。下位語族はオーストラリア北東部のパマ諸語(Pama languages)と南東部のニュンガン諸語(Nyungan languages)で、「パマ」「ニュンガン」はそれぞれの言語での「人」という意味である。

分類[編集]

EvansとMcConvellはパマ・ニュンガン諸語のなかで、Warlpiri語のようなdependent-markingな言語と性が欠けている接辞尾的な言語(suffixing languages)がある一方、Tangkic語のような非パマ・ニュンガンの言語では性の分類を保っていて、Yanyuwa語のようないくつかのパマ・ニュンガン語族の言語はhead-markingと接頭辞的な言語(prefixing language)で、複雑な性のシステムをもち、それから逸脱していた。

再構築[編集]

パマ・ニュンガン祖語は、4万年から6万年前以上前からオーストラリア大陸に定住していたとされるアボリジニが過去5000年の間に使用していた言語である。オーストラリア大陸の大部分に広がり、その土地ごとに詳細不明な先パマ・ニュンガン諸語(Pre-Pama-Nyungan languages)からパマ・ニュンガン語族の言語に置き換わったが、文化や儀式の伝播に並行して一つの集団から他の集団へ言語が広まっていったことが可能性として考えられる。各集団間には同語根とみられる言葉に関連性があり、多くの特徴を共有する語群がパマ・ニュンガン祖語の下位言語に存在すると見られ、古代の文化集団どうしの接触による文化の波が複数回来たことを示している。そのため、多くの言語群では語族の系統樹がつくられるが、パマ・ニュンガン語族には枝分かれ式系統樹は適していないという主張をDixonは強調している。

語彙[編集]

Hale(1982)はパマ・ニュンガンの独特な言葉をリストし、パマ・ニュンガン祖語の再構築のためにpronounsとcase ending(格語尾)を提案したが、EvansとMcConvellはそれらのいくつかのルーツは信じがたいとし、それでもO'GardyとTyronは数百の言語群のセットは明らかに存在する根拠がパマ・ニュンガン語族の地域にくまなく存在し、他地域にはないとした。

音韻[編集]

以下の表はBarry Alpher(2004)が再構築したパマ・ニュンガン祖語の音韻表である。これらは現在のオーストラリアの言語の音韻に限りなく近い。

母音[編集]

前舌母音 後舌母音
狭母音 i iː u uː
広母音 a aː

単語の初めの音節のみ長母音となりストレスがかかる。

子音[編集]

en:Peripheral consonant 舌端音 舌尖音
両唇音 軟口蓋音 そり舌音 歯茎音 Retroflex
Plosive p k c, t rt
鼻音 m ng ñ n rn
側面音 λ l rl
R音 rr r
半母音 w y

パマ・ニュンガン祖語では舌端音を一式しか持っていなかったとされる:現在のパマ・ニュンガン語族の言語に見られる舌端歯音と舌端歯茎硬口蓋音(または硬口蓋音)は子音変化によるものであると説明される。 それでも、歯音であったと予想される歯茎硬口蓋破裂音が見られる言葉が少数あり、それらは*と書く。しかし鼻音*ñʸや 側面音*λʸの証拠となるものは存在しない。

音素配列[編集]

下位分類[編集]

ヨーロッパ人が入植するまで、パマ・ニュンガン語族には約300の言語があり、30ほどの語群に分かれていた。Bowern (2011)の一覧によれば、これらは語群の別によって、同じ言語群にあるのかの証明が難しく、言語数のばらつきがある。また、北欧諸語のように方言と言語の区別が難しい。

従来の下位分類[編集]

ケープヨーク半島からen:Bass Straitにかけてのイーストコースト

メルボルンからパースにかけてのサウスコースト

ウェストコースト

内陸からパマンにかけての非パマ・ニュンガン諸語

上記の4つのグループに囲まれている言語群

北部に残存しているパマ・ニュンガン諸語に分類されるであろう語群

これらの語群の言語数は暫定的なものであり、多くの言語が適切に記録・整理される前に絶滅してしまった。また、Barranbinja語やlower Burdekin語群のような証明に乏しい絶滅言語は一覧に含まれていない。

ボワンとアトキンソンの分類[編集]

Bowern & Atkinson (2012)はen:Computational phylogeneticsを用い、次の分類を算出した。[1]

出典[編集]

  1. ^ Claire Bowern and Quentin Atkinson (2012) "Computational phylogenetics and the internal structure of Pama-Nyungan", Language 88: 817–845.