ツウ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツウ語族/Tuu
!Ui-Taa
南コイサン語
話される地域 南アフリカボツワナ
言語系統 語族の一つ
下位言語
  • Taa
  • ǃKwi
Glottolog tuuu1241[1]

ツウ語族(Tuu)またはTaa–ǃKwi語族(Taa–ǃUi, ǃUi–Taa, Kwi)はボツワナ南アフリカ共和国に分布する語族である。含まれる2つの言語の関係性は疑いようがないが、近縁ではない。「Tuu」という名は、それらの言語において「人」を意味する。かつては「コイサン語族」に含まれ、「南コイサン語」と呼ばれていたが、「コイサン語族」は現在では無効となっている。

言語[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Tuu”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/tuuu1241. 

参考[編集]

  • Güldemann, Tom. (2006). "The San languages of southern Namibia: Linguistic appraisal with special reference to J. G. Krönlein’s N|uusaa data." Anthropological Linguistics, 48(4): 369-395.
  • Story, Robert. (1999). "K'u|ha:si Manuscript" (MS collections of the Ki|hazi dialect of Bushman, 1937). Khoisan Forum Working Paper 13. ed. Anthony Traill. Köln: University of Köln. 18-34.

外部リンク[編集]