イギリス手話語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリス手話語族(BANZSL)
話される地域: イギリス, 南アフリカ, ニューファンドランド・ラブラドール州, 沿海州 (カナダ), オーストラリア, ニュージーランド.
言語系統: 手話語族の一つ
下位言語:
BANZSL map.png

BANZSLの分布する地域

イギリス手話語族BANZSL, or British, Australian and New Zealand Sign Language)はイギリス手話オーストラリア手話ニュージーランド手話などが含まれる手話語族である。19世紀にイギリスで使われていた手話に起源を持つ。アメリカ手話とは系統が異なる。

イギリス手話とオーストラリア手話、ニュージランド手話の間では82%の手話語彙が同じであり、そのうちの98%が同源である。

en:Henri Wittmann (1991)によると、スウェーデン手話英語版およびそこから派生したポルトガル手話英語版フィンランド手話英語版も含まれるとされるが、スウェーデン手話の起源はよく分かっていない[1]のも事実である。

関連項目[編集]

参考[編集]

  • Johnston, T. (2002). BSL, Auslan and NZSL: Three signed languages or one? In A. Baker, B. van den Bogaerde & O. Crasborn (Eds.), "Cross-linguistic perspectives in sign language research: Selected papers from TISLR 2000" (pp. 47–69). Hamburg: Signum Verlag.
  • McKee, D. & G. Kennedy (2000). Lexical Comparison of Signs from American, Australian, British, and New Zealand Sign Languages. In K. Emmorey and H. Lane (Eds), "The signs of language revisited: an anthology to honor Ursula Bellugi and Edward Klima". Lawrence Erlbaum Associates, Inc.