セピク語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セピク語族
話される地域 ニューギニア
言語系統 パプア諸語
下位言語
Glottolog sepi1257[1]

セピク語族(Sepik languages)はパプア島セピック川低地に分布する語族である。50の言語が含まれる。最もよく知られたセピック語族の言語はIatmül語である。セピック諸語は/ɨ ə a/の3母音体系のようであり、母音の広狭のみを区別する。Nadu語 ではさらに少ない2母音体系である可能性が考えられている。

参考[編集]

  • Foley, William A. (1986). The Papuan Languages of New Guinea. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 0-521-28621-2. OCLC 13004531.
  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Sepik”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/sepi1257.