大アンダマン語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大アンダマン語族
話される地域: アンダマン諸島中北部(大アンダマン諸島)
民族: 大アンダマン人英語版
言語系統: インド・太平洋大語族?
下位言語:
 10の言語
Andamanese languages-map.jpg

アンダマン諸語の分布。大アンダマン語族は大アンダマン諸島に分布していた。

大アンダマン語族(Great Andamanese languages)はアンダマン諸島北中部(大アンダマン諸島)でネグリト大アンダマン人英語版によって話されている語族である。2010年にアカ・ボ語は最後の話者が死亡した。現在、アカ・チャリ語とアカ・ジェル語の話者が5名残されているのみである。近年では下位言語間の差異が減衰し、大アンダマン語として共通した言語に収斂しつつある。系統はおそらくオンガン語族とは別系統であり、インド・太平洋大語族に含まれるとする仮説がある。

下位言語[編集]

  • 大アンダマン語族(Great Andamanese)
    • 北部語群(Northern) †
    • 中央語群(Central)
      • アカ・ケデ語(Aka-Kede) †死語
      • アカ・コル語(Aka-Kol) †死語
      • ア・プチクワル語(A-Pucikwar) †死語
      • オコ・ジュウォイ語(Oko-Juwoi) †死語
    • 南部語群(Southern)
      • アカ・ベア語(Aka-Bea) †死語
      • アカル・バレ語(Akar-Bale) †死語

脚注[編集]

  1. ^ a b アンダマン諸島の2言語絶滅 最後の話者、相次ぎ死亡Asahi.com(アンビタ・アッビ(Anvita Abbi)博士ジャワハルラール・ネルー大学) 閲覧日2010-02-08
  2. ^ a b GA Community” (英語). Vanishing Voices of the Great Andamanese (VOGA). 2010年2月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月8日閲覧。
  3. ^ “Andamanese tribes, languages die” (英語). The Hindu. (2010年2月5日). http://beta.thehindu.com/news/national/article100977.ece 2010年2月5日閲覧。 
  4. ^ Obituary for Boa Sr.” (英語). Vanishing Voices of the Great Andamanese (VOGA). 2010年2月8日閲覧。