世界祖語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世界祖語(せかいそご、Proto-world language)または人類祖語(じんるいそご、Proto-human language)とは世界の全語族最も近い共通祖先として想定される言語

世界の語族の比較[編集]

アメリカ言語学者メリット・ルーレンは、試みとして多くの単語について、世界中の言語における似た音・語義の形の存在に基づいて、その祖語を追跡している。

ベングトソンとルーレンら(1994年)は27の「世界語源」を確認した。下の表(ルーレン(1994)による)はこれらの形からいくつかを挙げたものである。

言語 誰? 何? 2 1/指 腕(1) 腕(2) 曲げる/膝 女性器 におい/鼻
コイサン諸語 !kū ma /kam k´´ā //kɔnu //kū ≠hā //gom /ʼū !kwai č’ū
ナイル・サハラ語族 na de ball nki tok kani boko kutu sum buti čona
ニジェール・コンゴ語族 nani ni bala engi dike kono boko boŋgo butu
アフロ・アジア語族 k(w) ma bwVr ak’wa tak ganA bunqe somm put suna
南コーカサス語族 min ma yor rts’q’a ert t’ot’ qe muql toma putʼ sun
ドラヴィダ語族 yāv iraṇṭu nīru birelu kaŋ kay meṇḍa pūṭa počču čuṇṭu
ユーラシア大語族 kwi mi pālā akwā tik konV bhāghu(s) bük(ä) punče p’ut’V snā
デネ・コーカサス大語族 kwi ma gnyis ʔoχwa tok kan boq pjut tshām putʼi suŋ
オーストリック大語族 o-ko-e m-anu ʔ(m)bar namaw ntoʔ xeen baγa buku śyām betik iǰuŋ
インド・太平洋大語族 mina boula okho dik akan ben buku utu sɨnna
オーストラリア諸語 ŋaani minha bula gugu kuman mala pajing buŋku puda mura
アメリンド大語族 kune mana p’āl akwā dɨk’i kano boko buka summe butie čuna

(Vは不明母音の意。)

これらの対応に基づき、ルーレン(1994b:105)は以下の語根を祖語として挙げている。

  • ku = 誰
  • ma = 何
  • pal = 2
  • akwa = 水
  • tik = 指
  • kanV = 腕
  • boko = 腕
  • buŋku = 膝
  • sum = 髪
  • putV = 女性器
  • čuna = 鼻・におい

文献[編集]

  • Bengtson, John D. and Merritt Ruhlen. 1994. "Global etymologies."
  • Ruhlen, Merritt. 1994. The Origin of Language: Tracing the Evolution of the Mother Tongue. New York: John Wiley and Sons.