スティーヴン・ワーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スティーヴン・アドルフ・ワームStephen Adolphe Wurm, 1922年8月1日 ブダペシュト - 2001年10月24日)はハンガリー出身の言語学者。

父親はドイツ語を話したが、イシュトヴァーンが生まれる前に死んだ。母親はハンガリー人だった。1957年にオーストラリア国籍を取得した。研究の中心はニューギニアの言語であったが、オーストラリアの先住民の言語も研究した。1968年から1987年まで、オーストラリア国立大学で言語学の教授を務めた。

著作、編著[編集]

  • "Languages of Austria and Tasmania" (Mouton, Den Haag, 1972年)
  • 1963年、"Pacific Languages" シリーズの刊行を開始した:
    • "New Guinea area languages and language study(3巻)" ~ "Pacific Linguistics, 1975-1977"
  • "Atlas of the World's Languages in Danger of Disappearing"(「絶滅危機言語地図」) (1996)
()
  • "The Duungidjawu language of southeast Queensland: Grammar, texts and vocabulary" (Pacific Linguistics)
()

外部リンク[編集]