サリナ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サリナ語
話される国 アメリカ合衆国
地域 カリフォルニア州
消滅時期 1950年代末-1960年代初[1]
言語系統
ホカ大語族?
  • サリナ語
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 sln
Salinan lang.png
消滅危険度評価
Extinct (UNESCO)
Status-unesco-extinct.svg
テンプレートを表示

サリナ語(Salinan language)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のサリナ族によって話されていた言語。現在は死語になっている。

概要[編集]

サリナ語は、カリフォルニア州太平洋岸のサリナス・バレー英語版一帯で話されていた言語で、北は現在のモントレー郡キングシティーから南はサンルイスオビスポ郡パソロブレスに至る地域に分布していた[2]

西洋人との接触前の人口は約2000人から3000人と推定されている[3]

最後の話者は1950年代末か1960年代はじめに死亡した[1]

系統[編集]

サリナ語は孤立した言語だが、仮説的なホカ大語族に所属する可能性がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b Golla (2011) p.116
  2. ^ 外部リンクの Survey of California and Other Indian Languages による
  3. ^ Kroeber (1925) p.546ff

参考文献[編集]

  • Golla, Victor (2011). California Indian Languages. University of California Press. ISBN 0520266676. 
  • Kroeber, A.L (1925). Handbook of the Indians of California. New York: Dover Publications. 

外部リンク[編集]