クッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クッションの山

クッション英語: Cushion)とは、西洋調度品の一つ。

概要[編集]

クッションは、布製の袋にウール羽毛ポリエステル繊維、不織布などの柔らかい素材を詰めて作られた調度品である。主に椅子寝台の上に敷き、座ったり寝たりするときに用いられることが多い[1]。また、刺繍などで装飾されたクッションは、しばしば家具家財の装飾として用いられることもある。

クッションやカーペットなどの柔らかい調度品は、一時的に野外に持ち出すことで硬い地面でも心地よく過ごすことができるようになる。サマーベッドを設置したり、湿った草や害虫などから身を守ったりするなど、用途はさまざまである。

クッションは古くから使用されており、中世の宮廷や邸宅の家具や調度品を記した目録にはすでに登場しているうえ、14世紀には「クッション」という語句の使用が確認されている[2]。元々は皮革製で、座るのに充分な大きさだったものが時代を経るにつれて小型化し、現在の室内調度品に至った。

脚注[編集]

  1. ^ Cushion”. Merriam Webster. 2012年5月20日閲覧。
  2. ^ Cushion”. Merriam Webster. 2012年5月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Cushion" . Encyclopædia Britannica (in English) (11th ed.). Cambridge University Press.

関連項目[編集]