オンゲ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
赤ん坊を抱くオンゲ族の母

オンゲ族(Onge people、ÖngeまたはOngee)とは、インドアンダマン諸島に住み、狩猟採集生活を行っている先住部族の一つである[1][2]

歴史[編集]

オンゲ族は、アンダマン諸島ジャラワ族たちと同じく、地球上で孤立した種族の一つで、殆ど外部との接触をせずに生活してきた。

言語[編集]

オンゲ族は、インド・マレー系の民族とは全く異なるアンダマン諸島系の独自の言語「オンゲ語」を話す[3]。「オンゲ」とは彼等の言語で「完璧な人」を意味する言葉である[4]

生活[編集]

1800年代初期と2004年のアンダマン諸島民の部族の分布の変化(青色の部分がオンゲ族の分布領域)

オンゲ族の生活は小弓と矢を使って、イノシシや鳥類を狩猟したり、川の浅瀬や海岸で網を使って、魚・カニ・エビなどを獲ったり、果物や木の実を収集して生活を行っている。オンゲ族の男性は一人でイノシシを狩ることが出来るようになるまでは一人前と認められず結婚することが出来ない。

津波に関する伝承[編集]

オンゲ族は、大津波に関する説話が伝承されており、2004年に起きたスマトラ沖大地震の際には、この伝承に基づいてオンゲ族の96人全員が高地に避難して生存することが出来た[5]

人口[編集]

1901年の人口調査では、672人からなる部族であったが、1911年に631人、1921年に346人、1931年に250人、1951年に150人と減少した。2008年の時点での人口は96人程度であるとされている[6]。また、オンゲ族の夫婦の約40%には子供がおらず、女性は28歳より若くに妊娠することが殆ど無い[7]。乳幼児の死亡率も約40%程度ある[8]ため、生殖指数は0.91であり深刻な人口減少問題に直面している[9][10]。外来との接触が歴史的に少ない集団であったため、病原菌に対する抵抗力も弱く、絶滅を危惧したインド政府は オンゲ族を2つの保護区に分けて統制管理し、部外者との接触を制御している[11][12][13][14]

Y染色体ハプログループ[編集]

アンダマン諸島ジャラワ族、オンゲ族は、ハプログループD1b*(D-Z3660, subclade-Y34637)が100%を占める[2]

2018年4月に発表されたデータ(Y-Full Haplogroup YTree v6.02[2])によると、これまで「D*」と考えられてきたアンダマン諸島ジャラワ族、オンゲ族は、SNP(一塩基多型)に「Z3660」を持つことから、現在の国際規約(ISOGG v13.102 30 April 2018[15])上は日本人と同じD1bに属し、「Z3660」から、「Y34637」に分岐したのがジャラワ族、オンゲ族であり、「Z3660」から「M64.1」に分岐したのが日本人であることが明らかとなった[16][17][18][19][20]

分岐系統の概略[編集]

YAP
DE(M203)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
D(M174)E(M96)[21]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
D1(CTS11577)[22]D2(L1378)[23]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
D1a(Z27276)[24]D1b(Z3660)[25]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
D1a1(M15)[26]D1a2(P99)[27]D1b1(M64.1)[28]D1b2(Y34637)[29]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
D1b1a(Z1622)[30]D1b1b(Z1516)[31]

source:
Y Full Haplogroup YTree (v6.02) at 02 April 2018
ISOGG Haplogroup YTree (v13.107) at 5 May 2018

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ List of notified Scheduled Tribes”. Census India. p. 27. 2013年12月15日閲覧。
  2. ^ a b c YFull Haplogroup YTree v6.02 at 02 April 2018
  3. ^ The Colonisation of Little Andaman Island, http://www.combatlaw.org/information.php?article_id=23&issue_id=9 2008年6月23日閲覧。 
  4. ^ Önge language - The Ethnologue, http://www.ethnologue.com/show_language.asp?code=oon 
  5. ^ Budjeryn, Mariana. “And Then Came the Tsunami: Disaster Brings Attention and New Challenges to Asia's Indigenous Peoples”. Cultural Survival Quarterly. 2010年2月22日閲覧。
  6. ^ http://pib.nic.in/archieve/others/2008/Dec/r2008121914.pdf
  7. ^ http://books.google.co.in/books?id=FPX6wiuZ3ikC&pg=PA44
  8. ^ http://www.culturalsurvival.org/ourpublications/csq/article/ecocide-or-genocide-the-onge-andaman-islands
  9. ^ A. N. Sharma (2003), Tribal Development in the Andaman Islands, page 64. Sarup & Sons, New Delhi.
  10. ^ A. N. Sharma (2003), Tribal Development in the Andaman Islands, page 72. Sarup & Sons, New Delhi.
  11. ^ Tapas Chakraborty: Poison drink kills vanishing tribals. In: The Telegraph. Kalkutta, 12. Dezember 2008, abgerufen am 10. Mai 2014 (englisch).
  12. ^ (Hindi) अंडमान में जनजातियों को ख़तरा (Tribes endangered in the Andamans). BBC. (2004-12-30). http://www.bbc.co.uk/hindi/regionalnews/story/2004/12/041230_tsunami_aborigins.shtml 2008年11月25日閲覧. "... जारवा के 100, ओन्गी के 105, ग्रेट एंडमानिस के 40-45 और सेन्टेलीज़ के क़रीब 250 लोग नेगरीटो कबीले से हैं, जो दक्षिण एशिया की प्राचीनतम जनजाति है (100 of the Jarawa, 105 of the Onge, 40-45 of the Great Andamanese and about 250 of the Sentinelese belong to the Negrito group which is South Asia's oldest tribal affiliation ... (ヒンディー語)" 
  13. ^ Devi, L. Dilly (1987). "Sociological Aspects of Food and Nutrition among the Onges of the Little Andaman Island". Ph.D. dissertation, University of Delhi, Delhi
  14. ^ Journal of Social Research. Council of Social and Cultural Research, Ranchi University Deptartment of Anthropology, Bihar. (1976, v19). http://books.google.com/books?id=MIQrAAAAIAAJ 2008年11月25日閲覧。. 
  15. ^ v13.102 30 April 2018
  16. ^ Kumarasamy Thangaraj, Lalji Singh, Alla G. Reddy, V.Raghavendra Rao, Subhash C. Sehgal, Peter A. Underhill, Melanie Pierson, Ian G. Frame, Erika Hagelberg(2003);Genetic Affinities of the Andaman Islanders, a Vanishing Human Population ;Current Biology Volume 13, Issue 2, 21 January 2003, Pages 86–93 doi:10.1016/S0960-9822(02)01336-2
  17. ^ Peter A. Underhill, Peidong Shen, Alice A. Lin, et al., "Y chromosome sequence variation and the history of human populations." Nature Genetics, Volume 26, November 2000.
  18. ^ JAPAN Y-DNA Project
  19. ^ Y-haplogroup D in Cebu, Philippines”. A Genetic Genealogy Community (2012年5月12日). 2014年3月3日閲覧。
  20. ^ In Andaman Islanders (in the Bay of Bengal, east of India - actually closer to Burma than to India - with D* at a frequency somewhere between 50 and 70%), In Tibetans (with combination of D1 and D3 at about 50%), In Japanese (with D2 about 35% in general, and higher than 85% in Ainu), In medium to small percentages in other parts of mainland Southeast and East Asia, especially among speakers of Tibeto-Burman (such as Qiang with D1 at 30%), Hmong-Mien aka Miao-Yao (such as Yao with D1 at about 10%), and Daic aka Tai-Kadai languages (such as Thai with D* at 10%), In tiny percentages in southern Central Asia (primarily as D3) among Mongolians, Altaians, Kazakhs, and Uzbeks, and in small or tiny percentages of Pacific Islanders (as D*), such as Guam. Note that Guam is listed in a research paper with D* at 17%, but this was one person with a positive result out of six persons tested.
  21. ^ アフリカバンツー語族等)
  22. ^ チベット日本共通祖
  23. ^ フィリピン
  24. ^ チベット
  25. ^ 日本アンダマン諸島共通祖
  26. ^ チベット日本
  27. ^ チベット
  28. ^ 日本
  29. ^ ジャラワオンゲ
  30. ^ 日本
  31. ^ 日本

参考文献[編集]

  • 『ジャラワとオンゲ』”. ZeAmi (2013年7月24日). 2014年6月6日閲覧。
  • Heinrich Harrer: Die letzten Fünfhundert. Expedition zu den Zwergvölkern auf den Andamanen. Ullstein, Berlin u. a. 1977, ISBN 3-550-06574-4.
  • Vishvajit Pandya: Above the Forest. A Study of Andamanese Ethnoanemology, Cosmology, and the Power of Ritual. Oxford University Press, Delhi u. a. 1993, ISBN 0-19-562971-X.

関連項目[編集]